ねこ保存

総合栄養食とは?

キャットフードと水だけでねこちゃんの栄養が偏ったしないだろうかと心配な方も多いと思われます。

そんな方は、総合栄養食のキャットフードを使用しましょう。

総合栄養食のキャットフードとは、栄養が十分にあり、ペットフードと水だけで、成長に必要な栄養素がとれるという事が確認されたフードの事です。

総合栄養食にはキチンとした規定があるので、どんなペットフードでも表示出来るものではありません。

規約は日本ペットフード公正取引協議会によってきめられています。

公正取引協議会が採用している栄養基準はアメリカのAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準です。

AAFCOはどんな製品にも認定は行っておらず、はっきりとパッケージにどのような基準を満たしたか表記をするかが決まっています。

ただしAAFCOに認定されただけでははっきりとどのような栄養基準をクリアしているかが分かりません。

重要なのはどのような基準でクリアしているかどうかです。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア

と書かれているものはいいキャットフードかと思われます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準

さてさてAAFCOってなんでしょうか?

あまり聞きなじみのない言葉ですよね。

それもそのはずAAFCOは日本の機関ではなくアメリカの期間です。

日本には特にペットフードに対する基準がないのです。

ちなみにAAFCOは

A Association

A American

F Feed

C Control

O Official

の略です。

今のところペットフードの中で、ここの給与基準をクリアと書かれたものが権威のあるフードという事になっております。

人間が食べれるものと同じレベルの基準でクリアをし、研究室などでも目視の確認を行った基準なので、良質な一定基準の安全基準をクリアしたキャットフードといえます。

あくまでAAFCOの給与基準をクリアと書かれたものがおススメのキャットフードです。

業者の中には悪知恵を働かし、AAFCOを合格やAAFCOの審査に提出など、意味不明な事を書いて混乱させようとする業者も多いので気をつけて下さい。

AAFCOの給与基準をクリアとはっきり書かれたキャットフードのみを購入していきましょう。

必要な栄養素

ねこには実は炭水化物をほとんど必要としてません。高タンパクで低カロリーのものを選ぶといいかもしれません。

肉食で運動好きのねこはタンパク質を多く必要としております。

またねこは腎不全が心配なペットなので、マグネシウム値は1.5以下のものを選びましょう。

当サイトのランキングで紹介しているキャットフードは全て栄養バランスがとれているキャットフードです。

check2-2

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング