ドクターズダイエットのキャットフードを食べたい猫

飼い猫の毎日のキャットフードにこだわっていますか?
人間に毎日必要なカロリーや栄養が決まっているように、猫にも毎日必要なカロリーや栄養が決まっています。

飼い主さんが手作りしたごはんで猫に必要なカロリーや栄養を摂取させて健康管理をしていくのは手間がかかるので、専用のキャットフードを与えて管理してあげるのがお手軽でおすすめです。

とはいえ猫ブームもあって、キャットフードも実に様々な種類が登場しています。
たくさんあるから「どれを選べば良いか選択が難しい」という飼い主さんも多いのではないでしょうか。
最近では需要に合わせて特定の猫に向けたキャットフードも多数登場していて、選択の幅は広いです。

今回は栄養摂取等の総合バランスだけではなく、特定の効果に期待できる路線のキャットフード、そしてその中でも安心感や信頼感が高いことで人気のある「ドクターズダイエット」のキャットフードに注目して、みていきたいと思います。

ドクターズダイエットのキャットフードって?

ドクターズダイエットのキャットフードは動物病院専用フード(とはいえ最近では動物病院以外でも購入方法はあります)
そして安心して猫に与えてあげることができる国産。
キャットフードの劣化防止には役に立っても猫の体には良くない合成酸化防止剤や着色料は不使用の安心品質です。

高品質で安全性の高さを維持しつつ、天然の原材料から醸し出される香りと旨味で猫も大喜びのキャットフードです。

「ダイエット」と名前はついているものの、与えて良い猫は幅広く、幼猫用、成猫用、シニア猫用、肥満猫用とシリーズラインナップが豊富です。
太った後に痩せさせようと与える場合は量等の調整は必要となり、どちらかというと肥満猫用のもの以外については毎日の食事で室内飼いの猫を太らせないように管理するためのキャットフードといえます。

ドクターズダイエットのキャットフードの原材料が気になる

幼猫用やシニア用や肥満猫用もありますが、定番かつ人気が高いのはスタンダードな成猫向けのキャットフード。
今回は成猫用の「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」の原材料についてご紹介します。

「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」原材料
トウモロコシ、コーングルテンミール、ポークミール、フィッシュミール、フィッシュエキス、おから、チキンレバーパウダー、フラクトオリゴ糖、小麦粉、卵黄粉末、ビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類等。

猫が太らないように食事で管理する目的で与えられるのが主流なドクターズダイエットのキャットフード。
意外なことに原材料として使用しているお肉はポーク系。

最近のキャットフードは低カロリーで高たんぱく質なチキンが原材料に使用されているものが多かったので、何となく意外です。
食べごたえのあるポーク好きな猫は多いので、満足度は高くなっています。
さらに注目なのは「おから」と「フラクトオリゴ糖」
人間の健康にも良いと注目を集める存在ですが、ドクターズダイエットのキャットフードではこちらもしっかり配合して、猫の腸内環境の改善にも期待できます。

安全性は高い?

合成酸化防止剤や着色料が不使用だということ、そしてフレッシュな原材料をたっぷり配合していることからドクターズダイエットのキャットフードの安全性は高いといえます。
そもそも動物病院で取り扱われているキャットフードなので、安全性には期待して良いでしょう。

高品質で、大切な猫にも安心して与えることができます。

ただし、特定の病気やアレルギーを持っている猫に与える場合には注意が必要です。
先ほど原材料をご紹介した「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」を例に出すと、原材料に穀物系のものが使用されています。

猫の中にはお肉系の消化は得意でも、穀物系の消化が不得意な子がいます。
その場合、こちらのキャットフードとの相性は良くないです。

穀物系が不得意ではない、アレルギー等病気もない猫に与える場合は、ドクターズダイエットのキャットフードはとても良いキャットフードだといえます。

どんな猫におすすめ?

幅広いタイプの猫におすすめですが「太らせたくない」猫には特におすすめです。
毎日の食事で大切な猫の体重維持と、必要な栄養摂取ができるので、飼い主さん的にはお手軽に猫の健康管理ができます。

既に太ってしまったという猫には、肥満猫専用のシリーズもあるのでそちらを選ぶようにすると良いです。

太らせたくない猫にも、既に太ってしまった猫にも、体重というより効率的な栄養摂取にこだわる場合にも、幅広く適しているキャットフードだといえます。

口コミでの評判はどう?

ドクターズダイエットのキャットフードは国産で安全性が高く安定した人気を誇っています。
飼い主さんの中には子猫の頃からずっとこのシリーズだけを与えているという方もいます。

口コミを抜粋すると以下の通り。

・毛つやが良くなった
・食いつきがよくなった
・お腹の調子が良くなった
・吐き癖がなくなった

全体的に口コミでの評価が高いです。

食いつきは?

もちろん猫による好みはあるものの食いつきは良好です。
フレッシュな原材料から醸し出される風味にはグルメなタイプの猫の食欲もそそる傾向にあります。

ただし、穀物系が不得意な猫の場合だと食いつきには差がでることがあります。
ドクターズダイエットのキャットフードへの食いつきが悪い猫の場合、もしかしたら穀物系全般が不得意な可能性があります。

それから、ドクターズダイエットのキャットフードは粒の形状的に一気に食べるのが難しい猫が多いようです。
それにより食いつきが良くても必然的にゆっくりごはんタイムを過ごすことになるので、吐き癖がある猫にはおすすめ。
吐き癖がある猫の場合、一気食いが原因の1つになっていることもあるので、ドクターズダイエットのキャットフードに換えることで改善する場合もあります。

どこで購入できるの?

ドクターズダイエットのキャットフードに注目している猫

元々は動物病院専用フードなので、定番の購入方法は動物病院での購入。
獣医師さんに猫の体調ごとにおすすめのシリーズを教えてもらうとより健康維持目的では良いかと思うので初回は動物病院で飼い猫に合わせたシリーズの購入がおすすめです。

一応他にもペットフードの通販サイトや、amazonや楽天といった一般の通販サイトでも取り扱われています。
意外と取り扱いの範囲が広いので、購入はしやすくなっています。

人気があるのかサイトによっては売り切れになることも珍しくないので、早めの購入がおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
元々は動物病院専門フードだったため安心感と信頼感が強く人気を誇るドクターズダイエットのキャットフード。
子猫のうちからこのシリーズのみを与えているというリピーターさんもいます。

室内飼いの猫が太らないための毎日の健康管理目的としてはとても使い勝手が良いキャットフードです。
「これから飼い猫に新しいキャットフードを試してみたい」と考えている方は一度試してみても良いと思います。

また、猫の吐き癖にも改善が期待できるので、吐き癖に悩んでいる飼い主さんにもおすすめです。

体重管理だけではなく、効率的な栄養摂取、腸内環境の改善等にもバランス良く期待ができるドクターズダイエットのキャットフード。
動物病院以外でネット購入することも可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較