マンチカン

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビや動画に引っ張りだこなマンチカンとはどのような猫なのでしょうか。
マンチカンの特徴と飼育するうえでの注意点をご紹介します。

マンチカンとは

マンチカンは英語で「小人」を意味するマンチキンが語源の猫です。
マンチカン一番の特徴は「足が短い」ことです。
フォルムを例えるならば、ふっくらしたダックスフンドのように見えます。
足が短くとも日常生活や運動に一切支障がなく、脊髄の病気にかかりやすいという事もありません。

性格は明るく活発で甘えん坊、お留守番が上手なため飼いやすく、初めて猫ちゃんを迎える方に向いています。
平均寿命は 10~13 歳と言われ、飼育方法や親猫の猫種により変動します。
マンチカンは「小人」と名が付くとおり、成猫でも 2~4kg ほどにしかなりません。
小型の猫ちゃんを希望される飼い主さんはマンチカンを選ぶと良いでしょう。

マンチカンにおすすめのキャットフード

マンチカンにおすすめのキャットフードは以下の2つです。

・シンプリー
短足マンチカンはヘルニアや関節炎を患う恐れがあるため、日々の食事で関節ケアをしてあげましょう。
グルコサミン・コンドロイチンが含まれているシンプリーがおすすめです。

シンプリーについてはこちら

・ジャガー キャットフード

ヘルニアを発症した短足マンチカンにおすすめのキャットフードです。
漢方やかんきつ類が血液の循環を促してくれます。

【危険な交配】マンチカンを迎える前に知りたいこと

マンチカンの歴史は浅く、新種の猫と認定されたのが 1995 年とここ十数年の間の出来事です。
新種認定されるまでの間、様々な猫種との交配が行われてきました。
交配が功を奏したのか、好発的な病気なども報告されておらず「マンチカンは病気に弱い」というのは間違いと言えます。

しかし例外的に、交配してはいけない猫種同士の繁殖により体が弱い猫ちゃんが生まれます。
例えば親猫がマンチカン×スコティッシュフォールドの場合、足が短く耳が折れた「耳折れマンチカン」が誕生します。
スコティッシュフォールドは遺伝的に好発的な病気が多く、その遺伝子を引き継ぐ耳折れマンチカンは病気に弱くなる傾向があります。
短足マンチカン×短足マンチカンの交配は染色体異常による突然死の可能性があり、避けるべきとされています。

素人による安易で危険な繁殖の結果、体の弱いマンチカンが格安でインターネット販売されるケースが多いのです。
独立行政法人国民生活センターはペットの購入時、以下のようなアドバイスをしています。

(1)インターネットでの契約にはリスクがあるため、慎重に契約すること
(2)インターネットの情報だけで購入を決めず、自分自身でよく確認すること
(3)信頼できる事業者と取引を行うこと
(4)ペットは生き物であることを十分に考慮し、安易な購入は避けること
(5)消費生活センターに相談すること

<引用元:独立行政法人国民生活センター ペットのインターネット取引にみるトラブル

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120202_3.html>

マンチカンのお世話

マンチカンはとにかく手のかからない良猫です。
お世話の方法は一般的な猫ちゃんと変わらず以下のようになります。

・ブラッシング
コミュニケーションをとるためにも、一日一回ブラッシングをしてあげましょう。
長毛種のマンチカンは毛玉の発生を防ぐため、ブラッシングを怠らずに行ってくださいね。
ブラッシングの際使用するブラシは、マンチカンの毛の長さにより選択する必要があります。
短毛種ならばブラシ、長毛種ならばコームとブラシがおすすめです。

 

・適度な運動
一般的なお話ですが、肥満は万病の元です。
適度な運動で適正体重を維持しましょう。
マンチカンの脚は短いですが、運動神経は抜群です。
短足マンチカンの場合、ほかの猫種と比べるとジャンプ力は劣るものの、運動神経は猫そのものです。
キャットウォークを設置する場合、昇降しやすいよう低めに取り付けたり家具で階段を作るなどの工夫をする必要があります。
■マンチカンの患いやすい病気
危険ではない交配で生まれたマンチカンは、特別大きな病気をすることはありません。
注意すべき病気は一般的な猫ちゃんはほぼ変わりないと言えます。
短足マンチカンの場合、以下の病気に注意する必要があります。

 

・頸椎ヘルニア
人間も猫も骨と骨の間に腰椎(軟骨)と呼ばれるクッションがあるのですが、そのクッションが膨らみ、付近の神経を圧迫することで強い痛みが生じます。
手足が短いがゆえ腰を揺らしながら歩く短足マンチカンは、関節と腰椎に過度な負担がかかっています。
頸椎ヘルニアを発症した短足マンチカンは強い痛みのほか、四肢のまひにより歩けなくなってしまう事もあります。
「いつもと何か違う」とおもったら、すぐに動物病院を受診しましょう。
また、普段から定期的な健康診断で初期症状を見逃さないことも大切です。

まとめ

今回は小さい体で短い手足が愛らしいマンチカンの特徴と気を付けたい病気をご紹介しました。
新種認定されるまで様々な猫種と交配してきたマンチカンは、一般的な猫ちゃんと変わらない体の強さがあります。
栄養バランスの良い食事と適度な運動で、楽しいマンチカンライフをお過ごしくださいね。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング