チョコはだめ?都市伝説は本当?食べ物のススメ

室内飼いの猫ちゃんにとって、おうちは自分の世界のすべてです。
おうちの中にはおもちゃも、ご飯も、お水も揃っています。
洗濯物の束も食器棚も、ときにはトイレまで、楽しいジャングルジムなのです。
困ったことなどひとつもなさそうですが、食べ物が猫ちゃんの健康を脅かしてしまうのです。
そこで猫ちゃんに食べさせてはいけないものと、食の好みについてご紹介します。

都市伝説?食べていいモノ悪いモノ

猫ちゃんには、うーんとおいしいものを食べさせてあげたい!」と思うのが飼い主さんの願いですよね。
はたして私たちが食べているものは、猫ちゃんにとっておいしいものでしょうか。
そこで、猫ちゃんにあげてはいけないものとその理由をいくつかご紹介します。

3db3910792ca014dc09138e9d80a45eb_s

まず一番有名なのは「チョコレート」です。
こどもや猫を飼ったことがない人が猫ちゃんに与えてしまうことがあります。
与えてはいけない理由は、チョコに含まれる「にがみ成分」が猫にとっての猛毒だからです。
致死量はチョコの種類や猫ちゃんの体重により変わるのですが、板チョコを1枚以上食べてしまった場合は、中毒症状に注意しましょう。
中毒症状の特徴は、4時間以内に下痢やおう吐、不整脈や痙攣が起こします。
「私のいとしい猫ちゃんにも、このおいしいスイーツを食べさせてあげたい…」なんて思っても、実際に食べさせるのはやめてくださいね。

tamanegi

次に「玉ねぎ、長ねぎ、ニンニク等のネギ類」です。
これも聞いたことがある方が多いはずです。
ネギ類に含まれる成分が赤血球を破壊し「溶血性貧血」を起こしてしまいます。
溶血性貧血になると、ぐったりと動くのを嫌がり、食事も嫌がるようになります。
最悪の場合、呼吸困難を起こしそのまま命を落とすこともあるのです。
ネギ入り味噌汁やラーメンのスープなど、ネギが入っていた液体も与えないよう注意しましょう。

さらに「小麦やとうもろこし等の穀物」もお勧めできません。
キャットフードにもよく使われているため、意外に思われるでしょうか。
もともと穀物を多く必要としない猫の体は、糖質を分解する力が非常に弱いのです。
穀物を摂りすぎると穀物アレルギーを起こし、おう吐や下痢、皮膚炎などに悩まされることになります。
穀物はカロリーが高く肥満になりやすいというのも、お勧めしないポイントのひとつです。
今まさに猫ちゃんに与えているキャットフードの成分表示を見てみましょう。
もしかすると穀物が主原料になっているかもしれません。

そして、猫都市伝説「イカを食べると腰が抜ける」は本当なのでしょうか。
実は、あながち間違いではないのです。
生のイカに含まれる成分が、猫ちゃんの体の中でビタミンB1を破壊し「ビタミンB1欠乏症」を起こしてしまいます。
ビタミンB1欠乏症の初期症状に「歩くときふらつく」ことが挙げられるため、それが転じて腰を抜かすと解釈されたのかもしれません。
イカを加熱すればビタミンB1を破壊する成分が失われるためビタミンB1欠乏症を防ぐことができます。
しかし、そもそもイカ自体が消化に悪いので与えないほうが良いようです。
ちなみにスルメは加熱・加工されているためスルメを食べても腰は抜けない可能性はありますが、わざわざ上げない方がいいでしょう。

肉VS魚!猫はどっちが好き?

catfish
ここまで食べてはいけないものをお伝えしてきました。
食べてはいけないものだけではなく、猫ちゃんが好きなものや必要な栄養も知っておきたいですよね。
「猫の主食は何だと思いますか?」と尋ねると、大体の人は魚と答えるはずです。
しかし、猫は本当に魚が好きなのでしょうか?

猫は動物性たんぱく質が主食となりますが、魚も肉もその条件を満たしています。
では、主原料が異なるふたつのキャットフードを例に比較してみましょう。
「カナガン」と「シンプリー」いうキャットフードをご存知でしょうか。
カナガンは原料の約60%がチキンです。
さらに穀物不使用(グレインフリー)で穀物アレルギーの心配もありません。
それに対して「シンプリー」は原料の約50%がサーモンです。
こちらはカロリーが低く、シニアの猫ちゃんやぽっちゃり猫ちゃん向けです。
どちらのキャットフードも上質な動物性たんぱく質が多く含まれており、食いつきの良さには定評があります。
それぞれのレビューを見てみると「カナガンは食べたけどシンプリーは好みじゃなかった」「カナガンよりシンプリーをよく食べる」と、猫ちゃんによってさまざまでした。
では、最終的に肉と魚のどちらが好きかというと、そこは「猫ちゃんの好み」で決まるようです。
日本ではアニメソングの影響で猫=魚のイメージが強いのかもしれません。
今回は食べて良いものと悪いもの、猫ちゃんの好みについてまとめました。
人間の主食やおやつが猫ちゃんには有毒だったり、肉か魚で悩むことはないことが分かりましたね。
今回ご紹介したカナガンとシンプリーを試してみてください。きっとおいしく食べてくれますよ。
猫ちゃんの健康を守り、楽しいキャットライフをお過ごしください。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング