夏バテねこ

猫ちゃんの食欲がない時はどうすればよいのでしょうか。
食欲がない原因と、食欲がない猫ちゃんにご飯を与えるコツをご紹介します。

食欲がない理由その1「キャットフードがまずい」

食欲がない猫ちゃんにキャットフードを与えるうえで重要なのは、なぜ食欲がないのか「理由を知ること」です。
猫ちゃんの食欲がなくなる理由は 2 つあります。
まず 1 つめは「キャットフードがまずい」ことです。
突然キャットフードを変更したり、猫ちゃんの好みに合わないキャットフードを与えていたりしませんか。
猫ちゃんは突然キャットフードが変わると、警戒心から口にしなくなることがあります。
キャットフードを切り替える際は新しいキャットフードの割合を 1日10%ずつ増やし、徐々に切り替えを行う必要があります。

猫ちゃんの好みに関しては、

  • 香りが嫌い

  • 口触りが嫌い

  • 味が嫌い

など理由は様々です。

食べたくないキャットフードを前にした猫ちゃんは、口を付けず前足でごはんを掻き「断固拒否」の姿勢を取るようになります。
猫ちゃんは酸っぱい香りやザラザラしたものを嫌う傾向があります。
また、激安キャットフードを与えている場合も、猫ちゃんの食欲がなくなってしまいます。
主原料が動物性たんぱく質でないキャットフードは、猫ちゃんが「十分な栄養を摂ることができない・体に良くない」と考え、本能的に食べることをやめてしまうのです。

キャットフードの人工添加物の危険性。恐ろしい科学添加物

そして一番よくあるのが「飽き」です。
飼い主さんにも、昨日まで大好きだった食べ物が突然食べたくなくなることがありますよね。

こればかりは避けようがないのも事実です。

■食欲がない理由その2「体調不良」

2 つめは体調不良による食欲減衰です。
夏バテや病気により、ご飯を食べられなくなってしまう猫ちゃんもいます。
体調不良の猫ちゃんは、いくらおいしいキャットフードを与えても口にしてくれないことが多く、飼い主さんが大変困ってしまいます。
食欲がない猫ちゃんに考えられる病気は次の項目でご紹介します。

■食欲がない時に気を付けたい病気

食事をしなくなると、猫ちゃんはあっという間に衰弱していきます。
丸1日以上何も口にしない場合は以下の病気の危険があるため、速やかに動物病院を受診するようにしましょう。

・歯周病
歯周病により口内炎を発症すると、口が痛むため食べるのを嫌がります。
歯周病を放置するとドライフードを噛めないだけでなく、ウェットフードや水さえ飲み込めなくなり、命を落とす危険があります。
猫ちゃんの歯周病の原因となる歯垢や歯石は簡単に取る事ができず、全身麻酔のうえ歯垢や歯石の除去手術を行う必要があるのです。
麻酔は猫ちゃんの年齢や体力によって行えないことがあり、最終的に抜歯を行うこともあります。
歯周病を予防するには、普段から歯磨きをしたり歯磨き効果のあるおやつやおもちゃを与えましょう。

 

・毛球症
毛づくろいの際飲み込んだ毛は、胃や腸に入っても消化されません。
体内に毛が蓄積された結果、胃が圧迫され食欲減衰につながります。
猫ちゃんの多くは毛玉を吐いたりうんちと一緒に外へ排出しているのですが、毛玉を吐くのが苦手な猫ちゃんは毛球症にかかりやすいのです。

毛玉対策のキャットフード

毛球症は見た目で判断することが難しく、食欲がなくなって初めて「もしかして」と気付くことが非常に多い病気です。
重症化すると開腹手術を行い毛玉を除去する必要があるため、猫ちゃんの体に大きな負担をかけることになります。
毛球症は日頃のブラッシングと食物繊維多めの食事、お通じ運動を活性化させるオリゴ糖配合のキャットフードを与えることで十分予防することが可能です。

 

・猫ウイルス性鼻気管炎(猫風邪・猫インフルエンザ)
猫ヘルペスウィルスに感染することで食欲減衰・せき・鼻水・発熱といった症状が出ます。
ワクチン接種を行っていれば未然に防ぐ事が可能ですが、ワクチン接種前の子猫がかかると重症化しやすい危険な病気です。
猫風邪から口内炎を起こすと食欲がなくなり、急速に衰弱した結果命を落とす確率が非常に高くなります。
風邪引きの猫ちゃんを触った手でほかの猫ちゃんを触るとウィルスが移ってしまうため、風邪引きの猫ちゃんは隔離して看護するほか、お世話の後は手洗いが大切です。

 

・肝リピドーシス
食欲がない猫ちゃんが一番気を付けたい病気が「肝リピドーシス」です。
肝リピドーシスを発症した猫ちゃんは、キャットフードを切り替えたり工夫を施しても一切口にしなくなります。
発症からおよそ一週間以内に命を落としてしまうため、初期症状である目や歯茎の黄ばみに気が付いたら早急に動物病院を受診しましょう。
特にぽっちゃりした猫ちゃんやシニア猫に多くみられる病気のため、普段からよく運動し、栄養バランスの良い食事を心がけることでリスクを軽減することが可能です。

食欲がない猫ちゃんにキャットフードを与える方法は?

食欲がない猫ちゃんにキャットフードを与える際、試したいことは 3 つあります。

1つめはキャットフードを切り替えることです。食欲がない猫におすすめのキャットフード

チキンベースのキャットフードを与えているならばサーモンベースのキャットフードに切り替えて、食いつきを確かめます。
激安キャットフードを与えている場合、アレルギー発祥のリスクを考え、別のキャットフードへ切り替えがおすすめです。
激安キャットフードの多くは穀物メインのため、胃腸の調子が悪く食欲が落ちている可能性が考えられます。
猫ちゃんの体に必要なアミノ酸を多く含む、動物性たんぱく質メインのキャットフードを与えるようにしましょう。

当サイトでおすすめのキャットフードはモグニャンキャットフードとジャガーキャットフードです。

両キャットフード共、食欲がないうちの猫が飛びつきながら食べたキャットフードです。

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードの匂いをかぐ猫

こんな感じでとにかくモグニャンには最初から好感触でした。

今でも我が家ではモグニャンキャットフードをお願いしてます。

モグニャンキャットフードを試したい方は以下からどうぞ

モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と口コミを徹底解剖

匂いにつられてよってくる猫

もう一つはジャガーキャットフードです。

こちらも頼んですぐにねこがよってきてにおいを気にしていたキャットフードです。

ジャガーの詳細は下記公式サイトをご覧ください。


ジャガーキャットフードのリアル体験談。本当の口コミが気になる人へ

またチキンが主軸のキャットフードがいいのであればカナガンキャットフードがおすすめです。

カナガンキャットフードをお試しする前にチェック。成分と評判まとめ

2つめは食感を変えることです。

猫ちゃんはトロトロとした食感を好むため、食欲が落ちているときはウェットフードやスープを与えたり、ドライフードをふやかして与えてみましょう。
ウェットフードやスープを与える際、成分表示に「総合栄養食・一般食」のどちらが表記されているか確認します。
総合栄養食は普段のドライフードと同じ「主食」ですが、一般食は「おやつ」のため、一般食だけですべての栄養素を補うことができません。
ドライフードを一切食べないという場合は総合栄養食を選ぶようにしましょう。

3 つめは環境を変えることです。
とても単純なことで猫ちゃんの食欲が復活することがあります。
いつもの食器が汚れていて嫌なにおいがしていると、猫ちゃんは「早くきれいにしてちょうだい」という抗議をしている可能性があります。
雑菌の繁殖は猫ちゃんの健康被害につながるため、食器や水飲みボウルを清潔に保つようにしましょう。
また、少しだけ餌場の高さを変えてやるだけでキャットフードを食べるようになる猫ちゃんもいるようです。
そのほか、いつもと違う食器に盛り付けるだけで興味をそそられてキャットフードを食べることもあります。

食欲がない猫ちゃんに対し「放っておけばそのうち食べるだろう」という考え方は危険です。
キャットフードは封を切った時点で酸化が始まっているため、放置したキャットフードは風味や品質が変化してしまいます。
ますます食いつきを悪くするだけではなく、健康被害にもつながる可能性があるため、いつでも開けたて新鮮なごはんを用意するようにしましょう。
もしこれらの対処法でも食欲が戻らない場合、重篤な病気を患っている可能性が考えられるため、必ず獣医師へ相談してください。

■まとめ
今回は食欲不振の原因と対処法についてご紹介しました。
食欲がない時はまず体調不良を疑い、病気の心配がなければキャットフードに工夫を施してみましょう。
猫ちゃんの好みに合う栄養満点なキャットフードで、健康的な毎日をお過ごしくださいね。

 

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較