猫ちゃんがトイレに入ってなかなか出てこないことや、何度もトイレに入る便秘は心配ですよね。
そんな猫ちゃんの便秘の原因と対処法をご紹介します。
pet_ha_byouki_cat

便秘気味の猫におススメの食物繊維の多いキャットフードは以下からどうぞ


便秘の症状とは

便秘と一言で言えど、症状は複数あります。
便秘を放置すると嘔吐をしたり黄疸が出るようになり、最終的に命を落としてしまいます。
以下の症状に一つでも当てはまる症状があれば、便秘を疑いましょう。

・2日以上うんちが出ない
・頻繁にトイレへ入る
・踏ん張りがきかずうんちの途中でトイレから出てしまう
・少量のコロコロ便が出る
・下腹部に膨らみがある

猫が便秘をしている原因は腸に悪い菌がたまっている可能性があります。

乳酸菌などをとれるようなサプリを与えてみるのもありかもしれません。

当サイトの猫にはキャットフードと一緒に食べれる贅沢猫まんまというサプリを与えています。

贅沢猫まんまを100パーセント本音でレビュー!【猫用サプリ】

便秘の原因は生活習慣?

便秘の理由は改善可能なものから早急に治療を受ける必要があるものまで様々です。
特に気をつけるべき原因をご紹介します。

・水分不足
水分を積極的に摂らない猫ちゃんは、決まって便秘がちです。
体内の水分が減るとうんちの水分も減り、硬いコロコロうんちになります。
また、硬いうんちは排便時に痛みをともなうことがあります。
「うんち=痛い」と覚えてしまうとトイレに入る事すら嫌がるようになるため、猫ちゃんがふんばっている際苦しそうな鳴き声を上げていないか用心深く観察しましょう。

 

・運動不足
運動不足は肥満に直結します。
肥満により脂肪が増え、脂肪が腸を圧迫することで便秘を引き起こすのです。
腸内に溜まったうんちは悪玉菌を繁殖させるため、猫ちゃんの小さな体に毒素が放出され続けます。

 

・キャットフードの好き嫌い
キャットフードの好みにより慢性的な便秘になる危険性があります。
ウェットフードは水分を手軽に取れる代わりに食物繊維が少なく、便秘になってしまう危険性があります。
ウェットフードを好みドライフードを一切口にしない猫ちゃんは、ドライフードを好む猫ちゃんに比べ便秘になりやすいため注意が必要です。

 

・ストレス
猫ちゃんは人間以上にストレスに弱い生き物です。
キャットフードがいつもと違う、猫砂がいつもと違う、飼い主さんが構ってくれないなど、些細なことでストレスを感じています。
そのほか、新入り猫ちゃんを迎えた日や、引越しをした日を境にストレスから便秘になる猫ちゃんが多いため注意しましょう。

 

・体調不良
前述したストレスから体調不良になる猫ちゃんも多いです。
毛づくろいで飲み込んだ毛が体内に溜まる「毛球症」や、直腸が収縮しなくなる「巨大結腸症」により便秘になってしまう猫ちゃんもいます。
どちらも悪化すると開腹手術が必要になるため、嘔吐や下腹部の膨らみ・異変を感じたら動物病院を受診しましょう。

 

・老化
老化による体の機能低下から便秘になる猫ちゃんが非常に多いです。
特に10歳以上の猫ちゃんが便秘になり、病院を受診するケースが多く見られます。
運動量の減少が筋力低下や肥満を、体の機能の低下がうんちを押し出す力を弱くしてしまうのです。
うんちの途中でトイレを出てしまい、おしり歩きで床にうんちをこすりつける猫ちゃんもいます。
シニア猫ちゃんは食へのこだわりが強くなる傾向があるため、食事療法を試みるも普段と違うキャットフードをかたくなに拒み、便秘解消が難しいことがあります。

便秘の解消法

いざ愛猫が便秘になった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
便秘を解消する方法をご紹介します。

・水分補給
猫ちゃんは基本的に水分補給が大変少ない動物です。
便秘気味の猫ちゃんは、いつものドライフードと水分の多いウェットフードを併用することをお勧めします。
頑なにウェットフードを口にしない場合、鼻の先に水滴をつける・前足に水をつけるなど猫ちゃんが自ら舐めるように仕向けるのも一つの方法です。

・運動
適度な運動で脂肪を燃焼させ、お通じ運動を活性化させます。
運動による効果は便秘のみならず、肥満が原因で引き起こされる諸疾患の予防にも繋がり、猫ちゃんの体にとって良いことが盛りだくさんなのです。

・便秘解消サプリ
頑固な猫ちゃんの便秘には、便秘解消サプリを試す方法もあります。
乳酸菌や酵素を手軽に摂れるサプリは、不足しがちな善玉菌を増やす効果が期待されます。
しかしサプリは薬用でないことが多く、効果が保証されるものではありません。
インターネット上の口コミを見ても効果があったという書き込みと効果不明の書き込みが五分五分でした。

・お腹のマッサージ

腸の働きが弱っている猫ちゃんには、お腹のマッサージを試しましょう。
マッサージのやり方は猫ちゃんのお腹を手のひらで優しく「の」の字を書くようにぐるぐる回します。
「の」の字マッサージにより腸の運動が活発になり、便秘が解消されます。
マッサージを行う際の注意点は、嫌がる猫ちゃんを無理やり押さえつけて行わないことです。
猫ちゃんはお腹を触られるのが大嫌いなため、飼い主さんは猫ちゃんが嫌がらず、怪我をしない範囲でマッサージを行うようにしましょう。

・キャットフードの見直し
偏食気味の猫ちゃんは便秘になりやすいため、栄養バランスの良いドライフードを与えることが大切です。
キャットフードの見直し方法については次の項目で詳しくご紹介します。

便秘を解消するキャットフードの選び方

便秘解消には食物繊維が多めのキャットフードを与えるようにします。
しかし、食物繊維と言えどどのような食物を使用したキャットフードが良いのでしょうか。

食物繊維には2つの種類が存在します。
この2つの食物繊維をバランスよく組み合わせたキャットフードがおすすめです。

1つ目は「水溶性食物繊維」です。
水に溶け腹持ちがよく整腸効果が期待できます。
便秘解消のほか血圧の上昇を抑える効果もあり、健康を維持するために必要な栄養です。
水溶性食物繊維を豊富に含む食物は以下の通りです。

ゴボウ・さつまいも・にんじん・いわし・大麦・トマト

2つ目は「不溶性食物繊維」です。
不溶性食物繊維は腸内で膨らみ、腸の運動を活発化させる効果があります。
デトックス効果(解毒作用)に優れ、体の毒素の排出にも一役買ってくれる素晴らしい栄養です。
不溶性食物繊維を豊富に含む植物は以下の通りです。

いんげん豆・グリーンピース・おから・ラズベリー

便秘解消の期待できるキャットフード3選

便秘の解消に効果がある食材を取り入れたキャットフードをまとめました。
特に効果がありそうなキャットフードはこちらです。

・モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードのパッケージ

非常にバランスのいいキャットフードです。
りんごやカボチャやクランベリーなど、便秘の猫ちゃんにぴったりの食物繊維たっぷりのキャットフードです。
魚が好きな猫にもぴったりです。
モグニャンキャットフードについてより詳しく知りたい方は以下からどうぞ


モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と口コミを徹底解剖

・カナガン

カナガンキャットフード
カナガンユーザーには「立派なうんちが出た」と喜ぶ方が多いのです。
便秘に特に効果がある野菜とフルーツ、海藻を組み合わせています。
水溶性食物繊維は海藻・リンゴ・ニンジンから、不溶性食物繊維はアルファルファ・ホウレンソウからそれぞれ摂ることが可能です。
また、善玉菌を増やすフラクトオリゴ糖・マンナンオリゴ糖を配合しているのもポイントです。
粗繊維は 1.5% 以下とかなり低め、カロリーは 390kcal/100g と高めですが消化吸収が良いため、たっぷりのお水と一緒に与えることで便秘解消を期待できます。

分かりやすいカナガンの参考リンクは下記から


カナガンキャットフードをライン風の吹き出し漫画で短く解説

・ナチュラルバランス ファットキャッツ


ファットキャッツと名が付くように、ダイエット用プレミアムフードです。
水溶性食物繊維は食物繊維として扱ってよいか疑わしい「トマトポマス・ニンジンポマス(搾りかすを有機溶剤で無理やり抽出したもの)」不溶性食物繊維には四種類の豆類とビートパルプ、オート麦繊維「セロリポマス・パセリポマス・レタスポマス・クレソンポマス・ホウレン草ポマス」という各種ポマスでした。
粗繊維は 9% 以下、カロリーは 324kcal/100g とかなり低いです。
確かに食物繊維は豊富ですが、自然な食事かつ健康的かというと「そうではない」と言わざるを得ません。

・ナウフレッシュ グレインフリー シニアキャット&ウェイトマネジメント


ナウフレッシュは野菜とフルーツを合計 15 種類以上使用し、食物繊維をバランス含んでいます。
水溶性食物繊維はトマト・リンゴ等から、不溶性食物繊維はエンドウ豆・エンドウ豆繊維・アルファルファ・ラズベリー等から摂ることが可能です。
繊維質は 5% 以下と一般的なキャットフードよりやや多めです。
カロリーも 345kcal/100g と低めのため、肥満気味な猫ちゃんとシニア猫ちゃんの便秘におすすめです。

まとめ

今回は猫ちゃんの便秘の原因と対処法についてご紹介しました。
便秘を解消するには原因の特定から、次に猫ちゃんの体に合った便秘ケアが必要です。
繊維質が適量含まれたキャットフードで便秘を解消してみませんか。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング