ねこは膀胱炎になりやすい

泌尿器系の病気にかかりやすいと言われる猫ですが猫の泌尿器系の病気の一つに膀胱炎があります。
膀胱炎は、細菌に感染することで膀胱が炎症を起こす疾患です。
猫の尿は濃度が高い為、細菌の発生率が少ないので、膀胱炎にかかりにくいと言われていますが結晶や結石が膀胱内に発生すると膀胱がダメージを受けて、細菌が発症しやすくなることで、膀胱炎になってしまうとことがあると言われています。
特に尿道が太い雌猫は、膀胱内に細菌が侵入しやすいので、膀胱炎になりやすいと言われています。また尿石症を患っている猫が膀胱炎になるリスクも高いと言われています。
そこで今回は、大切な愛猫が膀胱炎にならない為の予防方法やオススメのキャットフードについて、ご紹介したいと思います。

猫の膀胱炎を予防するには

mizu

膀胱炎を予防する上で最も重要なのが水分補給です。
膀胱に濃度の高い尿が溜まると症状が悪化しますので、猫ちゃんがしっかりとお水を飲んでくれるようにドライフードを与えるようにしましょう。また水分量の多いウェットフードを与えるのもオススメですが歯石が不着しやすくなりますので、与えすぎには注意しましょう。

水分をしっかりと摂って、しっかりと尿と一緒に膀胱炎の原因である菌を体外へ排出させることが重要です。

また猫ちゃんはデリケートな生き物ですので、トイレが汚れているとトイレを我慢してしまう傾向があります。トイレに長く行かずにいると膀胱内の細菌は長時間、留まることになる為、症状が悪化する恐れがありますので、トイレは常に清潔を保ってください。

他にも猫ちゃんが疲れていたり、ストレスを溜めていたりすると膀胱炎の発症リスクを高めてしまいますので、安心して、眠れる場所をいくつか用意してあげたり、ストレスが取り除けるように、遊び場などを用意してあげると良いでしょう。

また人間の食事は、塩分が多いので人間の食べ物を与えすぎてしまうと膀胱炎を起こすリスクが高まりますので、注意しましょう。

niboshu

煮干や鰹節、かまぼこ、ちくわ、かにかまなどは猫ちゃんの大好物ですがこれらには塩分を多く含んでいますので、膀胱炎などの泌尿器系の病気になりやすくなってしまいます。

特にかまぼこやちくわ、かにかまは猫にとっては毒である添加物が配合されていますので、与えすぎは厳禁です。

膀胱炎の予防にオススメのキャットフードとは

膀胱炎などの泌尿器系の病気が気になる場合は、マグネシウムや塩分、リンなどが少ない食事を与えてあげることが大切ですが安いフードには添加物や塩分、マグネシウム、リンなどが多く含まれていることがありますので、あまりオススメ出来ません。

膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防する上で特に重要なポイントがマグネシウム含有量です。
そこでオススメなのがカナガンキャットフードです。
カナガンキャットフードは、結石の元なるマグネシウムは、0.09%以下と理想的な含有量となっていて、またリンやカルシウムも安心の数値となっていますので、膀胱炎や尿路結石などの泌尿器系の病気の予防に適したキャットフードとなります。

カナガンキャットフードは、猫の健康を第一に考えて、保存料・着色料・香料などの添加物は一切使用していない無添加のプレミアムキャットフードですので、毎日、安心して膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防することが出来ます。

そして、カナガンには、膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防・改善させる効果があると言われるオメガ-3脂肪酸、クランベリーなどの成分が配合されているのが特徴です。

オメガ-3脂肪酸は、炎症を起こした膀胱内をケアする効果に優れています。
クランベリーには、尿のph値を安定させて、結石を予防したり、殺菌・抗酸化作用で、菌による膀胱炎を予防する効果があります。

カナガンには無添加のウェットフードも用意されていますので、しっかりと水分量を維持して、膀胱炎を予防しながら栄養価の高い食事を与えてあげることが出来るのも魅力です。

このように愛する猫が膀胱炎などの泌尿器系の病気にかかってしまわないようにするには膀胱炎になりにくい生活環境・食事を提供してあげることが大切です。特に食事による膀胱炎の予防は重要です。
毎日、体に良い物を食べて行くことで、健康が維持されていきます。カナガンキャットフードには、膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防してくれる栄養成分が含まれていますので、膀胱炎などの泌尿器系の病気が気になる場合、カナガンを是非、お試しになってみてください。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較