ねこは膀胱炎になりやすい

泌尿器系の病気にかかりやすいと言われる猫ですが猫の泌尿器系の病気の一つに膀胱炎があります。
膀胱炎は、細菌に感染することで膀胱が炎症を起こす疾患です。
猫の尿は濃度が高い為、細菌の発生率が少ないので、膀胱炎にかかりにくいと言われていますが結晶や結石が膀胱内に発生すると膀胱がダメージを受けて、細菌が発症しやすくなることで、膀胱炎になってしまうとことがあると言われています。
特に尿道が太い雌猫は、膀胱内に細菌が侵入しやすいので、膀胱炎になりやすいと言われています。また尿石症を患っている猫が膀胱炎になるリスクも高いと言われています。
そこで今回は、大切な愛猫が膀胱炎にならない為の予防方法やオススメのキャットフードについて、ご紹介したいと思います。

膀胱炎予防したい方の為のモグニャンキャットフードの試供品を100円でお試したい方は以下からどうぞ

猫の膀胱炎を予防するには

mizu

膀胱炎を予防する上で最も重要なのが水分補給です。
膀胱に濃度の高い尿が溜まると症状が悪化しますので、猫ちゃんがしっかりとお水を飲んでくれるようにドライフードを与えるようにしましょう。また水分量の多いウェットフードを与えるのもオススメですが歯石が不着しやすくなりますので、与えすぎには注意しましょう。

水分をしっかりと摂って、しっかりと尿と一緒に膀胱炎の原因である菌を体外へ排出させることが重要です。

また猫ちゃんはデリケートな生き物ですので、トイレが汚れているとトイレを我慢してしまう傾向があります。トイレに長く行かずにいると膀胱内の細菌は長時間、留まることになる為、症状が悪化する恐れがありますので、トイレは常に清潔を保ってください。

他にも猫ちゃんが疲れていたり、ストレスを溜めていたりすると膀胱炎の発症リスクを高めてしまいますので、安心して、眠れる場所をいくつか用意してあげたり、ストレスが取り除けるように、遊び場などを用意してあげると良いでしょう。

また人間の食事は、塩分が多いので人間の食べ物を与えすぎてしまうと膀胱炎を起こすリスクが高まりますので、注意しましょう。

niboshu

煮干や鰹節、かまぼこ、ちくわ、かにかまなどは猫ちゃんの大好物ですがこれらには塩分を多く含んでいますので、膀胱炎などの泌尿器系の病気になりやすくなってしまいます。

特にかまぼこやちくわ、かにかまは猫にとっては毒である添加物が配合されていますので、与えすぎは厳禁です。

抗生物質をあげて良い?膀胱炎の治療と予防

膀胱炎の治療は抗生物質を与えて完治するケースもあれば、症状が治まらず手術に至るケースもあります。
膀胱炎の原因は猫ちゃんによってさまざまです。
人間用の抗生物質を自己判断で与えたりせず、動物病院を受診し治療の計画を立ててもらいましょう。

膀胱炎を予防するには、猫ちゃんのストレスを解消し、過ごしやすいおうちを作ってあげることも大切です。
トイレが汚れて不快であったり、新鮮なお水が用意されていないなど、飼い主のお世話の仕方で膀胱炎を防ぐことができる場合もあります。
トイレをこまめに掃除することで細菌が体内に侵入する機会を減らすことができ、新鮮なお水をたくさん飲むことで体内に侵入した細菌を外へ出すことができます。
運動不足な猫ちゃんは、積極的に遊びに誘ってストレスを解消してあげましょう。
かくれんぼが好きな猫ちゃんには、寒さをしのいで安心して隠れられる、隠れ家を作ってあげると喜びます。
また、膀胱炎を防ぐためキャットフードを見直すという方法もあります。

膀胱炎の予防にオススメの市販のキャットフードとは。防げ!下部尿路症候群!

膀胱炎などの泌尿器系の病気が気になる場合は、マグネシウムや塩分、リンなどが少ない食事を与えてあげることが大切ですが安いフードには添加物や塩分、マグネシウム、リンなどが多く含まれていることがありますので、あまりオススメ出来ません。

膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防する上で特に重要なポイントがマグネシウム含有量です。

マグネシウムがしっかりと入っていてリンやカルシウムを含んでいるのがモグニャンキャットフードというキャットフードです。
モグニャンキャットフードのパッケージ
モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と不安な口コミを解説

もう一つオススメなのがカナガンキャットフードです。
カナガンキャットフードは、結石の元なるマグネシウムは、0.09%以下と理想的な含有量となっていて、またリンやカルシウムも安心の数値となっていますので、膀胱炎や尿路結石などの泌尿器系の病気の予防に適したキャットフードとなります。

カナガンキャットフードは、猫の健康を第一に考えて、保存料・着色料・香料などの添加物は一切使用していない無添加のプレミアムキャットフードですので、毎日、安心して膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防することが出来ます。

そして、カナガンには、膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防・改善させる効果があると言われるオメガ-3脂肪酸、クランベリーなどの成分が配合されているのが特徴です。

オメガ-3脂肪酸は、炎症を起こした膀胱内をケアする効果に優れています。
クランベリーには、尿のph値を安定させて、結石を予防したり、殺菌・抗酸化作用で、菌による膀胱炎を予防する効果があります。

カナガンには無添加のウェットフードも用意されていますので、しっかりと水分量を維持して、膀胱炎を予防しながら栄養価の高い食事を与えてあげることが出来るのも魅力です。

このように愛する猫が膀胱炎などの泌尿器系の病気にかかってしまわないようにするには膀胱炎になりにくい生活環境・食事を提供してあげることが大切です。特に食事による膀胱炎の予防は重要です。
毎日、体に良い物を食べて行くことで、健康が維持されていきます。カナガンキャットフードには、膀胱炎などの泌尿器系の病気を予防してくれる栄養成分が含まれていますので、膀胱炎などの泌尿器系の病気が気になる場合、カナガンを是非、お試しになってみてください。

泌尿器系の病気である膀胱炎は、多くの猫がかかりすく決して珍しい病気ではありません。

尿路結石を発症すると、膀胱炎を併発しやすくなると言われています。

膀胱炎になる原因ははっきり判明していないため、食事療法や水分補給から対処する必要があります。

膀胱炎を改善・予防するためには、マグネシウム含有量に気をつけることが大切。

猫にとってマグネシウム必要な成分ですが、
結石をつくる元になるため、膀胱炎の猫には避けたほうが良いのです。

膀胱炎にかかっている猫にはキャットフードのマグネシウム含有量が少ないものを選ぶと良いです。

膀胱炎の改善・予防におすすめのキャットフードは、「モグニャン」と「カナガンキャットフード」です。

▼膀胱炎におすすめのキャットフード
 

 

商品名 モグニャン カナガンキャットフード
動物性タンパク質 白身魚63% 乾燥チキン35.5%

骨抜きチキン生肉25%

マグネシウム 0.12% 0.09%
リン 0.53% 1.40%
カルシウム 0.62% 1.58%
代謝エネルギー

100gあたり

374kcal 390kcal

 

▼膀胱炎の改善に効果的なのはキャットフードの選び方

 

膀胱炎や尿路結石を患わっている場合は、低ミネラルのキャットフードを選ぶことが大切です。

 

本来は、カルシウムやマグネシウム、リンは骨を丈夫にする成分ですが、結石を作りやすくするため控えましょう。

 

モグニャンとカナガンキャットフードはどちらも低ミネラルの処方ですのでオススメ。

 

膀胱炎対策になるキャットフードの基本は、

動物性たんぱく質が主原料になっていることも重要です。

 

その他にも、尿道に入ってしまった細菌を尿として排出する利尿効果が期待できるビタミンCも配合されていると良いですね。

猫の膀胱炎に手作りの食事は大丈夫?

膀胱炎の療養食を与えている時に、効果が得られなかったら手作りの食事を与えようかな?と思うかもしれませんが、NGです。

結石はマグネシウムやカリウムから作られるので、かつお節や煮干しといったミネラル分や塩分濃度が高いものは良くありません。

ご飯は減塩を意識した手作りをしよう!と思っても、手作りの食事はミネラルの分量を正確に図ることは困難です。

そのため、膀胱炎の猫には、ネット通販や動物病院で推奨されている膀胱炎対策のキャットフードをオススメします。

そして、膀胱炎の改善に一番良い方法は、猫に水をたくさん飲ませてあげること。

猫はあまり水を飲みませんが、体に溜まった菌類と結石晶を体外へ排出させるためには多くの水を与えることも大切です。

あまり水を飲まない猫こそ、水を摂取する習慣をつけるために部屋のあちこちにカップを置いたり、飲んでもらえる環境を作ってあげましょう。

膀胱炎になってしまう原因のひとつに、置き餌がされていて食事の鮮度が保たれず、細菌が入ってしまうことが考えられます。

特に子猫や高齢猫の場合は、置き餌をせずに
適切な管理をしてあげましょう。

ロイヤルカナンは猫の膀胱炎にオススメ?

猫に多いのは、いきなり膀胱炎になる「特発性膀胱炎」だと言われています。

そこで動物病院でも推奨されているのがロイヤルカナンです。

ロイヤルカナンPhコントロールは、栄養バランスを重視して作られていて、膀胱炎対策にの療法食に役立ちます。

例えば、ストルバイトが弱酸性のPhの尿にしてくれたり、シュウ酸カルシウムが形成されにくい尿量を維持してくれるのです。

ロイヤルカナンの猫用Phコントロールは、
いくつか種類があるので、医師に相談して猫の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

ロイヤルカナン成分や評判についてまとめてみた

猫の血尿は食べ物が原因?

猫のおしっこの中に血が混じっている「血尿」が見られたら、腎臓、尿管、膀胱、尿道といった泌尿器系の病気が考えられます。

日頃から水分不足になっていたり、水分の摂取量は十分でも、フードに含まれるミネラル分が豊富すぎると結石ができて血尿の原因となります。

血尿は尿が濃くなり結晶化しているため、なるべく水分を多く飲ませるよう工夫をしましょう。

キャットフードは成分表を見てマグネシウムなどが多すぎない低ミネラルを選ぶようにしてください。

結石ができやすい猫のための低マグネシウム配合のフードもあるので、そういった商品を選ぶと良いですね。

猫の膀胱炎向きのサプリメント

人間の膀胱炎対策にもクランベリーサプリは有名ですが犬猫用にもクランベリーは有効だと言われています。

泌尿器の健康を保つ犬猫用の栄養補助食品
(サプリメント)はクランベリー配合を選ぶと良いです。

▼猫の膀胱炎向きサプリ
 

 

商品名 PEクランベリーチュアブル ネイチャーベット クランベリーリリーフ
成分 ・クランベリー粉末 210mg

・エキナシアパープレア粉末 105mg

・オレゴングレープの根粉末 34mg

・アスコルビン酸カルシウム 34mg

 

・クランベリーエキス)210mg

・エキナセアパープレア 105mg

・オレゴングレープの根34mg

・エスターC(ビタミンC)34mg

・無脂肪ドライミルク

・フィッシュダイジェスト

・天然香料

価格(税込) 2,240円 3,065円
内容量 60粒 50g

 

▼クランベリーが膀胱炎に良い理由

 

クランベリーには、ポリフェノールクエン酸、キナ酸が含まれています。

 

クエン酸には、腎臓の働きを活発にさせて利尿作用があり、尿の量を増やして、結石を起こす成分を体外に排出してくれるのです。

 

キナ酸は消化吸収される時に尿を酸性化する働きがあり、尿路に細菌が繁殖するのを抑制してくれるのです。

 

そして、ポリフェノール(プロアントシアニジン)は、尿路の感染症を起こす細菌を体外へ排出してくれる効果があります。

猫のおやつで膀胱炎になるの?

結論から言えば、おやつはあげないほうが良いです。

おやつを与えることが直接膀胱炎に繋がるとは考えにくいのですが、尿結石の経験がある猫にかつお節や煮干しが入ったおやつは良くありません。

結石はマグネシウムやカリウムから作られているので、おやつに塩分やミネラルが配合されていると尿結石となるのでNGです。

どうしてもおやつを与えるなら、鶏モモ肉の茹で汁のみ、塩や味付けをせずに与えてあげましょう。

鶏モモ肉は他の部位に比べてリンが少ないので、膀胱炎予防に最適です。

鶏の香りのおかげで、水よりも飲みやすく、
進んで飲んでくれるでしょう。

膀胱炎になったら水をたくさん飲んでもらって、トイレの回数を増やすと、おしっこが薄くなり結石予防に効果的です。

▼膀胱炎対策には生活環境を整えることも大切

特発性膀胱炎は食事やおやつだけでなく、生活環境を整えてあげることも大切です。

猫はクールで勝手なイメージがあるかもしれませんが、環境の変化を敏感に感じとり、ストレスを感じやすい動物です。

なるべくストレスを与えないために、落ち着いて過ごせる空間を確保したり、トイレを清潔にしたり、長時間の留守番を減らしたりする環境作りも大切。

引っ越しや家族の変化、ライフステージの変化によっても猫は大きなストレスを感じてしますので注意が必要です。

猫の膀胱炎は50%の確率でなると言われているほど、よく起こる症状ですが、食事や生活環境を整えることで改善することができます。

膀胱炎の再発を予防するためにも、できることから始めていきましょう。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較