byoukinacat

音もなく忍び寄る腎不全!予防策は?体にやさしい食べ物とは

皆さん、今日も愛猫を甘やかしていますか。
猫ちゃんに美味しいお刺身やおやつを与えていませんか。
はたしてそれは本当に、猫ちゃんのためになるのでしょうか。
かわいい我が子には長生きしてほしいですよね。
猫ちゃんの体を静かに蝕む病、腎不全についてご紹介します。

腎不全ってなに?症状は?

腎不全とは、血液を浄化する働きを担う腎臓が正常に機能しなくなる病気です。
腎不全の初期症状は「無症状」のため、異変に気付いたころには重症化しているケースが大変多いです。
元気がなくぐったりしている、異常なほど水を飲み多量のおしっこを出す等の症状を放置すると全身がむくみ、貧血から立ち上がることすらできなくなります。
この腎不全の恐ろしいところ、それは「治らない」ところなのです。
「いつもと様子が違うかも…」と感じたら、様子を見ずに動物病院を受診しましょう。

腎不全の原因は?予防できる?

腎不全が起こる原因として、バランスの悪い食事と運動不足が考えられます。
しかし、腎不全は子猫の頃から食生活を正す事で防ぐ事ができるのです。
腎不全を患った際、美味しいお刺身やおやつに慣れた猫ちゃんは、おいしくない療養食を受け入れてくれません。
食べられるものがなく衰弱していくのをみるのは、飼い主さんにとっても本意ではないはずです。
日ごろからおいしいキャットフードと新鮮なお水を用意してあげることが、一番の腎不全予防につながります。
腎不全予防のため、キャットタワーの設置したり飼い主さんが積極的に遊びに誘ったりしながら、運動不足も解消してあげてくださいね。

腎臓にいいもの悪いもの

腎不全の予防にはどのような食べ物や栄養がよいのでしょうか。
食べてはいけないものと腎臓にやさしいものをご紹介します。

一つ目のポイントは「たんぱく質・脂質・炭水化物のバランス」「低カロリー」です。
子猫のうちから三大栄養素をバランスよく含むキャットフードを与え、年齢を重ねるにつれ低カロリーなキャットフードに移行していくことが理想的です。
しかし「たんぱく質を極端に減らした低カロリー」は正しくありません。
猫は肉食動物のため、主食を無くしては栄養バランスが取れなくなってしまうので注意しましょう。

二つ目のポイントは「低ミネラル」です。
低ミネラルとは、リンやマグネシウムを控えることです。
皆さんは猫ちゃん可愛さに、人間の食べ物やおやつを与えていませんか。
人間用のかつお節やシーチキンは塩分が高すぎるため、猫ちゃんの腎臓に悪影響を与え、尿路結石などに直結します。
良かれと思い、ミネラルウォーターを与えてしまう方もいるのではないでしょうか。
ミネラルウォーターには「リン」「マグネシウム」が豊富に含まれており、腎臓のミネラル浄化が追い付かなくなるため、腎臓に多大な負担がかかってしまうのです。

つまり、適量のたんぱく質を含み、低カロリー低ミネラルのキャットフードが腎臓にやさしい食べ物ということになります。
ちくわやカニカマを与えているあなたも、ミネラルウォーターを与えているあなたも、それは猫ちゃんのためになっていません。
猫ちゃんが若いうちから、体に良いキャットフードを食べさせてあげてくださいね。

当サイトで腎臓に優しいなと感じているキャットフードはシンプリーキャットフードです。

腎臓に負担をかけリンとマグネシウムが少ないのがおすすめポイントです。

symplynedan

シンプリーの公式サイトは以下からどうぞ


シンプリーのお試し体験談と5つのお試しキャットフード版と比較

もう一つは我が家でも使用しているモグニャンキャットフードです。

モグニャンキャットフードの匂いをかぐ猫

実は我が家の猫は尿路結石で血尿と嘔吐、おしっこが出ないという事があります。

モグニャンを与え始めてからそれがなかったのですが、数日前にモグニャンを切らしており、国産のキャットフードを一週間与えていたところ、また石が出なくなってしまいました。

モグニャンが届き、モグニャンキャットフードに再び切り替えると石も出るようになっていて、やっぱりうちの猫のキャットフードはモグニャンだなと痛感させられました。

モグニャンキャットフードの公式サイトは以下からどうぞ。

モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と口コミを徹底解剖

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング