猫のトイレを片付けたら赤いうんちが出ていたら、誰もが驚きパニックを起こすでしょう。
しかし、血便が出る理由や対処方法を把握されている方は多くありません。
そこで今回は血便が出る原因や対策、おすすめキャットフードをご紹介します。

履いている猫

血便が出る原因と対策

血便といえば非常に恐ろしい病気を患っているのではないかと、最悪のケースも考えてしまいます。
うんちとおしっこは健康のバロメーターでもあるため、もしも異常を感じたらまずは体調不良を疑いましょう。
もしも愛猫が血便をした場合、考えられる可能性は2つです。

血便の原因1:病気を患っている

血便が出る場合、以下のような病気が疑われます。
ここでご紹介する病気は一例であり、血便には様々な病気の可能性があるため、いつもと様子が違う場合はきちんと獣医師へ相談してくださいね。

  • 胃潰瘍
  • 猫も人間と同じく過大なストレスを感じると胃潰瘍になることがあります。
    胃潰瘍は血便だけでなく、嘔吐を伴うことが多いです。
    しきりにお腹を気にして舐めていたり、触ると嫌がる場合は特に気をつけましょう。
    胃潰瘍の治療には、食物繊維と脂肪を抑えた吸収の良いキャットフードを与えると良いでしょう。

  • トキソプラズマ症
  • トキソプラズマ症は特に野良の子猫が患っていることが多く、弱っている子猫を保護したら血便をしていたというケースがあります。
    原因はネズミや鳥といった野生動物の肉からトキソプラズマ症に感染、もしくは母子感染です。
    保護したばかりの猫の食欲がなく、下痢や血便が長く続いている場合、トキソプラズマ症の可能性があるため動物病院を受診してください。

  • 熱中症
  • 夏の暑い時期、室内飼いでも熱中症にかかる可能性はゼロではありません。
    換気が十分にできず熱気のこもった室内では猫の体に余計な熱が溜まりやすく、うまく体温調節できないことで熱中症にかかります。
    元気がなく食欲がない、水を飲まない、下痢や血便をしている等の症状が現れたら、様子を見ずに動物病院を受診しましょう。

血便の原因2:食物アレルギー

食物アレルギーにより胃や腸などの消化器トラブルが起こると、嘔吐や下痢、重症化すると血便をする可能性があります。
食物アレルギーで消化不良を起こすと、消化しきれない食べ物が腸内に残り発酵し、栄養も吸収されません。
栄養バランスの偏った激安キャットフードや添加物による化学物質アレルギーは、日々の食事として与え続ける限り改善されることはないでしょう。

以下のような症状が現れた場合、キャットフードの見直しが必要不可欠です。
主なアレルギー症状として以下が挙げられます。

血便の原因

・下痢 ・嘔吐 ・皮膚の発赤 ・貧血 ・体重の減少 ・血便 など

血便が出ても元気。その理由とは?

愛猫が明らかに元気がなく血便をしている場合、それは明らかに不調のサインが出ている状態です。
しかし血便をしているのに元気がある場合、動物病院を受診すべきか様子を見るべきか、判断に迷います。
うんちの色が明らかに『赤』だった場合、腸内出血の可能性もありますが、普段与えているキャットフードに着色料が使われていないか確認しましょう。
もしもうんちの色が『黒』だった場合、胃や十二指腸のほかに歯周病による構内の出血の可能性も考えられるため、元気でも速やかに動物病院を受診してください。

血便予防におすすめのキャットフード

血便が出ている場合、何らかの体調不良があると考えて間違いありません。
そのためまずは日々の生活から健康のリスクを取り除く必要があります。
その第一歩として今すぐ行えるのが『食生活の改善』です。
血便の予防に効果が見込める、グレインフリー(グルテンフリー)で高たんぱく、高品質のキャットフードをご紹介します。

モグニャン

モグニャンは穀物不使用でアレルギーリスクが低く高たんぱくなキャットフードです。
対象月齢が2か月からと低くオールステージ対応のため、子猫のうちから与えることで免疫力を高め、丈夫な体づくりにも一役買うことでしょう。
筆者の猫たちもモグニャンで食物アレルギーが改善し、今では元気いっぱいでツヤのある毛並みが自慢です。

モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と不安な口コミを解説

FINEPET’S

FINEPETS
モグニャンキャットフード
FINEPET’Sをおすすめする理由の一つに、高すぎる消化吸収率があります。
なんとFINEPT’Sの消化吸収率は87%と非常に高く、消化吸収率が高いという事は消化器官にかかる負荷が非常に少ないことを指しているのです。
FINEPT’Sのキブル(粒)は約8mmと小粒で食べやすいことから、子猫への給餌にも適しています。
初回限定のお試しパックは1080円とかなりお手頃の為、血便やアレルギーで苦しむ猫ちゃんはぜひ試してみてください。

FINEPET’S キャットフードを分析!安全性と注意点まとめ

フォルツァ10 CAT インテスティナルアクティブ

療養食として有名なフォルツァ10の消化器サポートが『インテスティナルアクティブ』です。
療養食であるがゆえにメインは白米、グルテンフリーではありますが穀物が使用されています。
低リン低マグネシウムのため、尿路結石が心配なねこちゃんにもおすすめです。
血便でお悩みのねこちゃんにもよいでしょう。

まとめ

今回は血便の原因と対策、おすすめキャットフードをご紹介しました。
血便は消化器官のトラブルや熱中症、トキソプラズマ症をはじめとする感染症により引き起こされることが非常に多いです。
血便を日ごろから予防するには、ストレスを軽減し猫の体に適したキャットフードを見つけることが必要不可欠と言えます。もしも愛猫が血便をした場合、まずは速やかに動物病院を受診しましょう。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較