スポンサーリンク

猫がフレーメン反応する理由。足がかわい

SNSなどでよく話題になる、飼い主の匂いを嗅いで猫ちゃんのポカーンとした表情。
実は単なるリアクションというわけではなく、きちんと生物学的に理由があることはご存知でしょうか?

そこには猫と人間の体の作りの違いが大きく影響していることが分かりました。

そこでこの記事では、フレーメン反応とその理由についてをメインに解説していきたいと思います。

フレーメン反応は臭いを多く取り込むための生理現象!

YouTubeやSNSなどで、猫ちゃんが飼い主の靴下や足の匂いを嗅いでポカーンと口をあけた表情になっているのを見たことがありませんか?

実はこのポカーンと口を開ける動作には、名前が付いているんです。
それが今回この記事で解説する「フレーメン反応」というもの。

好ましい香りや、好感を持つ香りと言えば人間だったら、石鹸の香りや清潔感のある香りを挙げる人が多いはず。

しかし、相手が猫になるとどうもそうではいかないようです。

猫は人間よりも嗅覚が優れている

猫と人間の嗅覚の好みは大きな違いがあると、先ほどの項でご説明しました。
一体それはなぜかというと、ずばり体の作りが大きく違うということが挙げられます。

嗅覚の面にクローズアップしても、猫は人間の1〜100万倍も嗅覚がすぐれていることが分かっています。

なぜそんなに違うのかというと、そもそも猫には匂いを感じることのできる細胞が人間の10倍ほどあるからです。

こんなに体の大きさは違うのに、こと嗅覚に関すると猫のほうが優れているというのは大変興味深い内容です。

この匂いを感じる細胞は、嗅上皮といいます。
この嗅上皮が人間には2-4㎠しかないものの、猫には約20㎠もあることが分かっています。

大きさにすると、人間の匂いの感じる細胞の大きさが1円玉くらいなのに対して、猫は500円玉ほどもあるということになります。

10倍くらいの差があるのならば、匂いを感じる程度に差があるのは当たり前という感じがしますね。

嗅覚が優れているということは、人間よりも匂いを強く感じるということではありません。
より薄い濃度の香りを感知したり嗅ぎ分けることができるという意味です。

よく、飼い猫から遠い位置で餌の袋を開けたら猫が寄ってきた。ということはありませんか?

これは袋を開けた音に反応しているということもありますが、空気中に漂うわずかな餌の匂いを嗅ぎ取ったことで感知しているのですよ。

飼い主の匂いをかいでフレーメン反応するのはなぜ?

ネコが人間よりも優れた嗅覚を持っているということは先ほどご説明した通りです。

ただ、嗅覚がするどいからといってフレーメン反応をするか?というのは説明がつかない気がしますよね。

これには、猫の持つヤコブソン器官と呼ばれる特別な器官についてご説明する必要があるようです。

猫には(正確には猫だけではありませんが)通常の嗅覚の他に、異性のフェロモンを嗅ぎ分けることのできるヤコブソン器官というものがあります。

これは微量のフェロモンを嗅ぎ分けて認知するための器官で、匂いをこのヤコブソン器官に運ぶために口をあげてとろんとした表情を見せるのです。

つまり生殖のためには重要な動きということですが、この事実を知ってか知らずか表情のかわいさによってSNSなどでもよく話題になりました。

これは匂いがキツイとか、くさいというわけではなく嗅いだ匂いをヤコブソン器官にしっかりと届けている証ということなんです。

ちなみにこのフレーメン反応は、猫以外にも虎や馬などにも見られます。

猫の独特の点検作業のようなもの

では、このフレーメン反応とは一体どのような目的で行われるのでしょうか?

・フェロモンをかぎ分けている

もともとのフレーメン反応の役割は、フェロモンを嗅ぎ分けるというのが主な目的でした。

フェロモンというのは決まった匂いがあるわけではなく、人間の嗅覚では感じ取るのが難しいのです。

しかしそこは嗅覚の優れている猫のこと!ヤコブソン器官に匂いを送ることでフェロモンが分泌されているか確認することができます。

この嗅覚で異性の猫が繁殖期がどうかみ極めるんだそう。

犬は嗅覚をメインに使って狩などを行いますが、猫は目がいいので視覚を主に使います。
ただ、フレーメン反応をするときだけは嗅覚がメインに使われているのです。

このねこの性フェロモン以外にフレーメン反応がよく出るのは、人間の靴下や足の匂いを嗅いだときだと言われています。

これは臭いから嗅ぐということではなく、この部分の匂いが猫が発情期に出すフェロモンに似ているからなだそう。

だからよく人気のフレーメン反応を写した動画には飼い主さんの足にくっついて匂いを嗅いだり、靴下を掴んで顔をくっつけたりしているんですね。

実は、このフレーメン反応を促すヤコブソン器官は人間にもかつて備わっていたそうです。
この器官が今もあれば、恋人を欲しい時には容姿やステータスのほかにフェロモンの匂いで選んでいたかもしれませんね。

スポンサーリンク

・ほかの猫の匂いがしないか確認している

フレーメン反応はフェロモンの匂いを嗅ぎ分けるということは、先ほどご説明しましたよね。

じつはフェロモンの匂いというのは異性の猫の他にも同性に対しても大事な項目なんです。

というのも、自分のテリトリーが侵されていないか?
よそ者かこの地域の仲間かどうかを判断しているみたいです。

猫は変化を好まない傾向があるので、新参者には強く警戒心を抱くことがあるようなので同性であってもフェロモンの匂いは大切な個人情報なのです。

人間相手にも、他の猫の匂いを付けて帰ってきてないかというチェックのためにおこなわれます。

猫を飼っている人には分かるかもしれませんが、猫カフェや外の野良猫などと遊んだあとにいつもより匂いを嗅がれたことはありませんか?

その動きも、他の嗅ぎ慣れない猫のフェロモンの匂いを感じているのです。
そのため、自分の匂いをつけるために顔や体をすりつけたりすることで所有権をアピールしているんだそうですよ。

飼い猫の場合、頻繁に他の猫の匂いがすると拗ねてしまったり不機嫌になってしまうことがよくあるようです。
ご機嫌を損ねないようにほどほどにするように気をつけましょうね。

・異常がないかチェックしている

これは主に母猫が子猫に行う行為です。
猫がフェロモンを出すと言われているのが、
・こめかみのあたり
・口の上側
・あごの下
・肉球
・肛門
・しっぽ
です。
子猫はこれらの箇所を母猫に舐めてもらったり、フェロモンの匂いを嗅いだりして体調に不調がないかどうかをチェックしています。

ただの身づくろいということではないんですね。

大人になっても、仲間同士の挨拶や調子伺いのようなものでも使われます。
家で多頭飼いをしている場合でも、同じ家の中にいる猫ちゃん同士で体調などの変化はないか?などをお互いにチェックしあってるんです。

言葉にしないコミュニケーションの手段としても使われているんですね。
これらのフェロモンが出る臭腺と呼ばれる器官は、情報源として大切な役割を持っているのですね。

特にその中でも、肛門にある臭腺には個人情報がたくさんあるんだそうで、この部分の匂いを嗅ぎあってどちらが優れているかを決めることもあるみたいですよ。

・猫が反応する匂いがある

フェロモンや人間の体臭以外にも、猫が反応してフレーメン反応をする匂いの種類があります。

その匂いを発する植物がこちら

・またたび
・キャットニップ
・キャットタイム
・みつしがわ
・鹿の子草
・スイカズラ

またたびは有名ですが、他にもこれほどたくさんの種類があるんですね。

これらの植物に共通して含まれている成分が
・7-メチルシクロペンタピラノン
・4-メチルベンゾフラノン
・7-メチル-2-ピリ ジン
の3つです。

猫が反応する匂いが含まれているため、これらの成分が含まれた植物に近づくとうっとりとした表情になったり、フレーメン反応を見せたりします。

これらの中でも特にまたたびの香りの威力は強力で、強い興奮作用をもたらし体をくねくねしたり、頭を地面にこすりつけたりすることがあります。
一度またたびの香りを嗅ぐと、この状態が5分から15分続くそうですよ。

キャットニップも別名を西洋またたびと呼ばれており、強い興奮作用があるそうです。
ただ、キャットニップの場合は効果のある猫は全体の半数ほどだそう。

まだ小さな子猫や、ストレスを感じている状態の猫ちゃんだとすこし反応が薄くなってしまうんだとか。

効果はムラがあるにしろ、これほど強い効果があるとすると、依存性などがないか不安になりますよね。
海外の研究機関が発表した結果によると、またたびによる興奮作用は中毒性はきわめて低いとされているそう。

猫ちゃんによっては長期にわたって利用を続けると、周りの環境をただしく認識できない状態が続くケースがあります。

乱用し続けるのはよくありませんが、たまにあげる程度の方であれば問題ないようですね。

かわいいからと言って強要するのはNG!

フレーメン反応をした時の猫ちゃんの顔は、ぽかんとしていてとってもキュートですよね。

その顔を見たくてつい脱いだ服や靴下を近づけてしまいたくなりますが、猫ちゃんにも体調や気分があります。
私たちでもどれだけ好きなものでも、しつこくされたらいやなのと同じです。
気分が乗らないときに強要したりするようなことは避けてあげてくださいね。
特に体調のすぐれないときなど使用済みの匂いの強い衣類は、強いストレスとなり得ます。

あくまでも猫ちゃんが近づきたいタイミングで合わせてあげましょう。
YouTubeなどで「フレーメン反応 猫」というキーワードで検索するとかわいらしい動画の数々を見ることができます。

まとめ

この記事では、猫のフレーメン反応について解説しました。
独特のなんとも言えない表情がかわいいことからにわかに注目が集まっているフレーメン反応。

フェロモンを感知するための動作であるので、飼い猫が自分の匂いを嗅いでぽかんとした表情をしても落ち込まないでくださいね。

スポンサーリンク

管理人がキャットフードを実際に試してみました。


我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較