スポンサーリンク

突然ですが、愛猫の咳や鼻水がひどい時、どう対処すればよいかご存知でしょうか。
咳と鼻水といえば風邪の症状のように思えますが、その原因は風邪以外にも様々なのです。
そこで今回は猫のくしゃみや鼻水、咳の原因と対処方法をご紹介していきます。

鼻水が出てるねこ

のどが弱いねこはくしゃみや鼻水が出やすい?

目次でざっくりチェック

くしゃみ、咳、鼻水といった症状は人間でいうところの上気道炎、いわゆる風邪の症状と同じです。
猫は鼻水をすすることができないため、ぷしゅ、ぷしゅと音を立てて鼻水を出そうとする様子が見られます。
一度猫風邪にかかった猫は免疫力が戻るまでこれらの症状をぶり返しやすく、子猫や病後は特に注意が必要です。
特に、猫風邪はウィルス感染によるものが多く、完治したように見えて体内にウィルスが残っているケースが多く、油断すると慢性化する可能性もあるため注意しましょう。
猫風邪が慢性化した猫はシニアになるまでくしゃみや鼻水と付き合うことになるため、きちんと動物病院を受診してくださいね。

ねこのくしゃみの原因!考えられる病気とは?


猫がくしゃみをしたらほほえましく見守ってしまいがちですが、頻繁にくしゃみをする場合は病気が潜んでいる可能性があります。
猫のくしゃみで考えられる病気の一例は以下の通りです。

猫風邪

猫の咳、くしゃみ、鼻水などの症状を総じて『猫上気道感染症』と呼びます。
猫風邪はウィルス性であることが多く、免疫力の低い子猫やシニアが患うと重症化する恐れがあるため危険です。
以下の3つのウィルスが猫風邪の原因になります。

猫カリシウィルス

猫カリシウィルスは咳や鼻水のほかに、口の中に水泡ができることでのどの痛みを伴い、ご飯を食べられなくなるほかひどくよだれを垂らすことがあります。
また、重症化することで肺炎を引き起こすこともあるため、くしゃみと鼻水が出始めたと同時に食欲が落ちたら猫の口の中に水泡がないか確かめましょう。
なお、猫カリシウィルスは感染力が非常に強いため、多頭飼いの家庭は猫カリシウィルスを患った猫を必ず隔離してください。

猫ヘルペスウィルス

猫ヘルペスウィルスは、いわゆる猫風邪の代表格です。
拾った子猫が風邪をひいていたという場合、この猫ヘルペスウィルスに感染していることがあります。
咳や鼻水のほか、結膜炎で目が開かなくなってしまうこともあるのが猫ヘルペスウィルスの特徴です。
適切に治療せずにいると口の中に水泡ができたり気管支炎から咳が出たり、肺炎から死に至るケースもあるウィルスのため、必ず動物病院を受診してください。
なお、猫ヘルペスウィルスは予防接種で感染を防げるウィルスのため、定期的なワクチン接種をおすすめします。

猫クラミジアウィルス

猫クラミジアウィルスは猫ヘルペスウィルスと症状が非常に似ており、素人目では判断ができません。
猫クラミジアウィルスに感染すると、まずは目やにと結膜炎・角膜炎を引き起こします。
目の症状のあと風邪のような症状が現れ、放っておくと慢性化する危険性が高いため注意が必要です。
また、猫クラミジアウィルスは予防接種で防ぐことができるため、猫ヘルペスウィルスの予防も含めて定期的にワクチン接種をしましょう。

咳が出やすい猫。その原因とは?

くしゃみは病気以外でも鼻がムズムズしたりするだけで出ることがあります。
しかし、咳となれば話は別です。
咳には病気が潜んでいる可能性が高く、長期間様子を見ずに動物病院の受診をおすすめします。
猫の席に潜む病気は以下の通りです。

喘息

猫も人間と同じく、気管支炎にかかることがあります。
猫風邪を適切に治療しなかったことで咳や鼻水が慢性化し、慢性気管支炎つまり喘息になるのです。
慢性気管支炎の症状は長引く咳で、症状が悪化すると肺炎になり、命に危険が及びます。
喘息の治療は人間と同じくステロイド剤や気管拡張剤を使ったり、吸入を行ったり、ごはんを食べられなくなるほど重症化すると入院が必要です。

アレルギー

猫のアレルギーというと食物アレルギーが代表的ですが、猫によってアレルゲンは様々です。
例えばアロマオイル芳香剤でアレルギーを発症する猫もいれば、たばこの煙のような有害物質でアレルギーを発症する猫もいます。
掃除が行き届かない部屋で暮らす猫の場合、ハウスダストによる鼻炎やアレルギーを発症することもあるため、日々の掃除も非常に大切です。

気管支が弱い猫は咳をしやすい?

気管支が弱い猫は普通の猫と比べて気道が狭く、炎症を起こしやすいという特徴があります。
特にシャムやシャム系MIXにその傾向があるようです。
また、喘息の猫は常に気道に炎症が起きているため、アレルゲンによる刺激で発作を起こしてしまいます。
気管支が弱く咳をしやすい猫はアレルゲンを特定し、生活環境の衛生管理を行うことが大切です。
慢性化した気管支炎は自然治癒が難しいため、獣医師の力も借りながら病気と向き合っていきましょう。

猫の鼻水の原因は?鼻水に潜む病気

猫の鼻は基本的にしっとりしています。
しかし、明らかに鼻水が出ているというケースは体調に変化があると思ってよいでしょう。
猫の鼻が湿っている理由と猫の鼻水が出る理由を合わせてご紹介します。

どうして猫の鼻は湿っているの?

猫の鼻が湿っている理由、それはにおいを感じやすくするためです。
鼻から出る分泌液のおかげでにおいを吸着しやすく、人間の数十万倍もの嗅覚で美味しいものや危険なもののにおいを嗅ぎ分けています。
つまり、猫の鼻が湿っているのは健康の証拠なのです。

逆に猫の鼻が乾いているときは病気なのかというと、それもやや違います。
猫の鼻はリラックスしたとき、例えば眠っているとき乾燥していることが多く、心配がいらないケースが多いです。
しかし日常的に猫の鼻が乾いている場合、鼻の詰まりや発熱している恐れもあるため注意しましょう。

猫の鼻水の原因とは?

猫の鼻が湿っているのではなく明らかに鼻水が垂れている場合、以下のような病気が考えられます。

鼻炎

猫の鼻腔に何らかの炎症が起きた状態を鼻炎と呼びます。
鼻炎になるとさらさらな鼻水が出始め、炎症がひどくなるとドロドロの鼻血が出るようになり、最終的樹呼吸困難になるため注意が必要です。
鼻炎は鼻水のほかに「フンフン」と鼻を鳴らしたり、くしゃみをしたり、涙を流す症状や結膜炎を伴うこともあります。
鼻炎の治療は原因により異なり、抗生物質や抗菌薬などの投薬治療が主です。

スポンサーリンク

副鼻腔炎

先ほどご紹介した鼻炎がひどくなると『副鼻腔』と呼ばれるおでこ周辺の機関にも炎症が及び、副鼻腔炎を引き起こします。
症状は鼻炎とほとんど変わらず、鼻水やくしゃみ、結膜炎や角膜炎の併発です。
また副鼻腔炎の場合、鼻筋が腫れたような外見になることもあるため、いつもと違うなと感じたら動物病院の受診をおすすめします。
副鼻腔炎の治療は、まず副鼻腔炎の原因となった症状を改善することが大切です。
具体的には鼻炎の治療や歯周病の治療などを行うことになります。

先天性の鼻ぺちゃ猫

マズル(鼻)が短いペルシャやエキゾチックショートヘアは鼻が詰まりやすく、鼻水が出たりくしゃみをすることが多いです。
これらの猫種と暮らす人は愛猫に鼻水をかけられたことが少なからずあるのではないでしょうか。
残念ながら『鼻腔狭窄』と呼ばれるこの症状は根本的な解決策がなく、部屋を清潔に保ちアレルギーを遠ざけ、室温管理を徹底するほかありません。

子猫のうちはそもそも鼻水が出やすいの?

子猫は体のありとあらゆる器官が未熟であり、免疫力も低いことから鼻水が出やすいのです。
特に猫風邪は子猫のうちにかかると重症化しやすく、結膜炎と猫風邪を併発するケースは少なくありません。
鼻腔も狭く鼻炎や副鼻腔炎も起こしやすいため、子猫のうちからワクチン接種を行い、健康維持を行うことが非常に重要です。

緑と透明の鼻水の違いとは?

人間と猫に共通する疑問の一つに、鼻水の色の違いが挙げられます。
さらさらした液体からねばねばの青っ洟まで種類があるのはなぜなのでしょうか。

鼻水のタイプから見る違い

まず、さらさらした液状の鼻水は細胞の浸出液で、主にウィルスから粘膜を守る役割を果たします。
透明で粘り気のある鼻水は、粘膜についたウィルスを撃退すべく白血球が応戦し、撃退した雑菌を含んでいるためです。
さらにウィルスとの攻防が激化し、ウィルスや白血球の死骸が増えると黄色くてネバネバな鼻水になります。
また鼻腔で炎症が起きたり鼻の中が傷ついたりすると茶色や赤色の鼻水が出ることもありますが、日常的に出る場合は動物病院の受診が必要です。

鼻水のタイプから見る病気

さらさらした透明の鼻水はアレルギーから鼻の粘膜を守るために分泌されることが多く、色付きの粘り気がある鼻水は鼻炎や副鼻腔炎、まれに蓄膿症で分泌されます。
鼻水のタイプによって治療すべき病気が見えてくるため『鼻水』というひとくくりで見るのではなく、きちんと鼻水を観察してみるとよいでしょう。

咳や鼻水、くしゃみが出やすい猫におすすめのキャットフード

咳や鼻水などのトラブルでお困りの猫へ与えるキャットフードは、極力低アレルゲンなものを選ぶ必要があります。
アレルゲンフリーまたは低アレルゲンなキャットフードをピックアップし、安全性の高い順にランキング化しました。

5位:フォルツァ10

  • イタリア酸
  • 療養食
  • 加水分解たんぱく質
  • 低アレルゲン
  • フォルツァ10に含まれるアレルゲン:特筆すべき原料なし

療養食ならではの低アレルゲンがフォルツァ10の魅力です。
アレルギーの治療にはアレルゲンを特定することが非常に重要なため、フォルツァ10のような原材料の少ないキャットフードを用いるのも一つの方法でしょう。
しかし常食というよりもあくまで療養食のため、おすすめ度はそこまで高くありません。

4位:オリジン(Orijen)

  • 無添加
  • カナダ産
  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • オリジンに含まれるアレルゲン:鶏肉、白身魚、卵

安全性の高さと高たんぱくで有名なオリジンが4位にランクインしました。
自然界と同じ栄養バランスをテーマに考え抜かれたレシピは、育ち盛りの子猫に大変おすすめです。
これでもかというほど新鮮な鶏肉と魚を使用しているため、アレルギーリスクはゼロではないことを念頭に置いておくとよいでしょう。

ネットで大人気なオリジンの成分と口コミをまとめてみた。

3位:ねこはぐ

  • 無添加
  • 国産
  • ヒューマングレード
  • グルテンフリー
  • ノンオイルコーティング
  • 猫はぐに含まれるアレルゲン:鶏肉、乾燥卵

ねこはぐはアレルゲンが少なく、常食として非常に優秀です。
国産品質にこだわる飼い主さん必見のヒューマングレード・無添加・国産という点も見逃せません。
オイルコーティングをしないということは、油の酸化によるキャットフードの劣化からも守られることになるため、おすすめ度は高めです。
欠点は単品購入時の価格の高さでしょうか。

国産キャットフード『ねこはぐ』の成分とレビュー!お試し方法も紹介

2位:モグニャン

  • 無添加
  • イギリス産
  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 100円モニターあり
  • モグニャンに含まれるアレルゲン:白身魚

モグニャンは一般的なキャットフードとは違い、チキンが一切使われないキャットフードです。
チキンアレルギー、小麦アレルギーの猫へ特におすすめできます。
一方、魚肉は食中毒の原因ともなるヒスタミンを含むため推奨しないという医師もいるようです。
我が家で与えてみる限り、吐き戻しもなく食いつき良好のため猫の好みや体質も関係するのかもしれません。

モグニャンキャットフードをお試し前に。成分と不安な口コミを解説

1位:FINEPET’S

  • 無添加
  • オランダ産
  • ヒューマングレード
  • グルテンフリー
  • チャイナフリー
  • 消化吸収率87パーセント
  • 初回購入割引あり
  • FINEPET’Sに含まれるアレルゲン:鶏肉

FINEPET’Sは主原料がダック、アレルゲンの鶏肉はわずかな使用にとどめることでアレルギーリスクを低くしています。
消化吸収率は高く、おなかにかかる負担も少ないことから栄養が体の隅々までいきわたることでしょう。
なお、FINEPET’Sはグレインフリー(穀物不使用)ではありませんが、アレルギーリスクのほぼない米を使用しているためご安心ください。

FINEPET’S キャットフードを分析!安全性と注意点まとめ

まとめ

今回は猫の咳や鼻水、くしゃみの原因と考えられる病気をご紹介しました。
これらの症状は原因が多岐にわたるため、必ずしも「これ」という原因の特定が難しいです。
猫と暮らす我々ができることは、衛生管理を徹底し、アレルギーのリスクを極力減らすことにあります。
低アレルゲンなごはんで、まずはアレルギーリスクを減らしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

管理人がキャットフードを実際に試してみました。


我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較