DSC_0024

 

猫も長寿化

人間も猫ちゃんも長寿化しており、ここ数年猫の寿命は平均18年と言われています。
猫ちゃんの年齢別に注意したい病気と食事、年齢早見表をご紹介します。

子猫はどう育てればいい?

子猫の成長は目を見張るものがあります。
子猫はとにかく走り回り、家の中をめちゃくちゃにしてくれます。
そんな子猫は成長のため、たくさんの栄養が必要です。
生後1か月頃から離乳食を与えはじめ、およそ1歳までに離乳完了させます。
離乳食は子猫用キャットフードをふやかしてから与え、どんどん硬いご飯に慣れさせていきます。

より詳しくは下記からどうぞ。

子猫にキャットフードをお湯でふやかして食べさせてあげる方法

安全なエサの与え方
ここでポイントになるのは、成猫用のキャットフードではなく子猫用のキャットフードを与えることです。
子猫の成長に必要な栄養と成猫の健康維持に必要な栄養は異なります。
子猫には必ず高たんぱく高カロリーなご飯をたっぷり与えましょう。

子猫におススメの食事はこちらからどうぞ

子猫用のおすすめキャットフードランキング。安全な幼猫の餌の上げ方

子猫が注意したい病気

子猫が注意したい病気は「猫風邪」です。
猫風邪により目ヤニがつき、目や気が原因で結膜炎や失明することがあります。
子猫は自力で体温調節できず、低体温から命を落とす危険もあります。
猫風邪をひいた子猫は暖かい毛布や湯たんぽなどを使用し、体を温めることが大切です。
また、猫風邪は投薬治療で完治する病気のため、動物病院へ必ず受診しましょう。

成猫

 

成猫に必要な栄養とは

a1320_000250
猫ちゃんは1歳過ぎると立派な成猫です。
ふわふわで心地よかった子猫の毛並みから、しっとりつやつやした成猫の毛並みに変化し、歯が永久歯に生え変わります。
1歳を過ぎたころからキャットフードを切り替え、体の成長から健康の維持を目的としした成猫用のキャットフードを与えます。
成猫に必要な栄養は、毛並みを整える良質なたんぱく質、丈夫な歯を維持するミネラルとビタミン、健康な目や体を維持するタウリンがとても重要です。
そのほか、猫ちゃんのお悩みに合わせて体重コントロールや毛玉ケアのキャットフードを与えるようにしましょう。

 

成猫が気を付けたい病気

成猫に大変多いのが肥満です。
不妊手術後、ホルモンバランスの乱れから過食気味になったり太りやすくなります。
成猫用のキャットフードは体重コントロールを目的としたキャットフードが多いのはそのためです。
肥満により様々な病気にかかりやすくなるため、高カロリーの子猫用キャットフードを与えないよう注意が必要です。

シニア猫

シニア猫に必要な栄養

飼い主さんと出会ってはや数年、幸せに歳を重ねた猫ちゃんはシニア期に突入します。
白毛が増え、つやつやだった毛並みはサラサラに近くなります。
運動量が減り食欲も徐々に落ち着き、まどろんでいる姿は猫らしさ満点です。
6歳以降の猫ちゃんは、高たんぱく低カロリーなシニア猫用のキャットフードに切り替えます。
シニア猫は成猫と同じたんぱく質・ミネラル・タウリン・ビタミンはもちろんのこと、脂質を抑え低カロリーであることが求められます。

taberuneko
運動量が少ないシニア猫は食べ過ぎるとあっという間にふっくらするため、ごはんの計量を忘れずに行いましょう。

 

シニア猫が気を付けたい病気

シニア猫ちゃんは病気を患いやすくなります。
肥満からくる糖尿病や腎不全などの生活習慣病は若いうちから正しい食生活を続けることで防ぐことが可能です。
また、認知症から食べたことを忘れご飯の要求をするようになり、トイレの場所が思い出せず粗相が目立つ猫ちゃんもいます。
そんなシニア猫ちゃんの介護も飼い主さんの宿命と思い、高齢期を過ごしましょう。

年齢別猫ちゃんの見分け方まとめ

年齢の見分け方とその特徴、キャットフードの与え方をまとめました。

人間 この時期の特徴 この時期の食事
1か月 1歳 キトンブルーの瞳が開く。食事と排泄の手助けが必要。 ミルク+離乳食
3か月 4歳 ブルーの瞳からそれぞれの猫ちゃんが持つ独自の色に変化する。動きが激しい。 ミルク+離乳食
4~6か月 5~9歳 子猫特有のほわほわした毛並み。二の腕くらいの大きさ。食事・遊び・睡眠の繰り返し。 子猫用キャットフード
7か月~1歳 10~19歳 つやのある毛並み。爪を収納できるようになる。不妊手術とワクチン接種を検討する時期。 子猫用キャットフード
2~3歳 20~30歳 毛並みのツヤが最高に良い。盛りから攻撃的になることが多い。 成猫用キャットフード
4~6歳 30~40歳 若干の白毛、白鬚が出る。行動が落ち着いている。 成猫用キャットフード
7~9歳 40~55歳 白毛が目立ち、模様があいまいになり始める。歯の先が丸くなる。 シニア用キャットフード
10~13歳 55~70歳 眠る時間が多く、長い時間遊ばない。猫の平均寿命。 シニア用キャットフード
14~16歳 70~80歳 食事と排泄以外ほとんど眠っている。足腰が弱い。 シニア用キャットフード
17歳~20歳 85~100歳 栄養バランスの良い食事と適度な運動で長生きしてね。 場合によりふやかしたシニア用キャットフード

ひと昔前まではキャットフードにこだわる人が少なく、いわゆる「ねこまんま」や人間の食べ残しを与えられている猫ちゃんが多く存在しました。
しかし昨今の健康ブームはペット業界にも波及し、オーガニックや無添加のキャットフードが増えています。
そのため猫ちゃんの健康寿命も延び、今では昔のおよそ2倍に伸びているそうです。

全猫におススメのキャットフードは下記から

キャットフードの通販おススメランキング。安全で安いねこちゃんのエサ

まとめ

猫ちゃんはあっという間に年をとります。
普段の食事に気を使い、たくさん遊ぶことで猫ちゃんの健康を維持することができるのです。
猫ちゃんと長く楽しく暮らせるよう、日々のごはんから見直してみましょう。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較