ネコジーン

突然ですが、猫の腎疾患は一度患うと完治するのが難しいことをご存知でしょうか。
猫と腎疾患は切っても切れない関係であり、多くの飼い主さんがつらく悲しい涙を流してきた病気です。
しかし、日ごろから美味しく腎臓をケアできる画期的なサプリが登場しました。
今回は腎臓のケアにぴったりな『ネコジーン』をご紹介します。

ネコジーンってどんなサプリなの?

ネコジーンとは、ヘルスジーンが販売する猫用サプリです。
猫の慢性腎不全は発見することに重症化していることが多く、若いうちから腎臓のケアが非常に重要です。
しかし高たんぱく高脂質な猫の食事は、慢性腎不全を避けられません。
腎不全の治療には療養食や活性炭を取り入れられることが多いのですが、療養食は味がしなくて食いつきが悪い、投薬も嫌がってうまくできないというケースも多いのです。
そこで飼い主さんと愛猫のストレスを減らし、おいしく続けられるサプリとしてネコジーンが開発されました。

また、ネコジーンは実績のある獣医師が監修しています。
比較的新しいサプリではありますが、信頼性が高いこともポイントの一つです。
さらに特許を出願するなど、今後腎疾患のケアに広く取り入れられていくであろうという期待もできます。

ネコジーンで腎臓予防するなら。成分はどんな感じ?

病気を患う愛猫と暮らす飼い主さんは「どんなことをしても愛猫を助けたい」という考えていることでしょう。
しかしいくらサプリといえど、怪しい食品を与えることに抵抗感を覚える方も多いのではないでしょうか。
そこでネコジーンの成分を徹底分析し、その安全性を確認します。

ネコジーンの原材料は安全?

早速ですが、ネコジーンの原材料表をチェックします。

水あめ、チーズパウダー、貝エキス、ヤシガラ活性炭、酵母エキス、デキストリン、乳酸菌KT-11(加熱処理済)/トレハロース、増粘剤(加工デンプン)、pH調整剤、香料、(一部に乳成分・大豆含む)

ここで注目するのは『ヤシガラ活性炭』と『乳酸菌KT-11』です。
なぜ腎臓のケアに活性炭かというと、活性炭は体内の毒素を吸着し排出する手助けをしてくれます。
そのため獣医師によって活性炭を食事に取り入れるよう指導されることも少なくありません。
しかし活性炭特有のジャリジャリした食感を嫌がる子が多く、キャットフードを残しがちになることも多いのです。
その点ネコジーンは滑らかでとろ~り食感のため、嫌がらずにおいしく活性炭を摂ることができます。

そして『乳酸菌KT-11』は猫だけでなく人間も摂りたいほど非常に素晴らしい乳酸菌です。
KT-11はヒト由来の乳酸菌で、アレルギー症状の緩和に強い効果を発揮します。
酵母と結びつくと糖の分解を助け、整腸効果もある優れものです。
しかしKT-11を単体で購入するとかなり割高なため、ネコジーンは本当に猫のからだを考えて設計されていると感じます。

また、独特なとろ~り食感を出すために水あめを使用しています。
原材料表のトップに来るということは割合も多めである可能性が高く、一日に数本与えるとカロリー過多になる危険があるため、ネコジーンは1日1本が望ましいです。

成分分析表

残念ながらネコジーンの成分分析表はホームページ上で公開されていません。
たんぱく質と脂質を含むチーズパウダー、炭水化物は水飴とデキストリン、液状のため水分量が多くカロリーはそこまで高くないことが予想されます。
しかしサプリである以上、用法・用量は守って愛猫へ与えることが重要です。

猫が腎臓を壊す原因とは?腎不全を起こす理由を完全解説

猫がなぜ腎不全を起こしやすいかというと、それは食生活が大きく関係しています。
猫は小さくても肉食動物のため、主食はもちろん『たんぱく質』です。
たんぱく質は体内で分解され、血や肉となり、残りは老廃物として排出されます。
その老廃物を除去するフィルターが腎臓というわけなのです。
腎不全予防を子猫のうちから。腎臓に優しいキャットフードを選ぼう
しかし、猫は一生涯にわたり高たんぱくな食事を続けなければいけません。
すると自然と腎臓に負荷がかかり続けることになり、人間と比較すると腎不全を患うリスクが高くなるのです。
腎不全の予防には水分補給も重要ですが、猫はもともと砂漠地帯に住んでいる生き物のため、もともと飲水量が少ないことでも知られています。
つまり、猫は生まれながらにして腎不全まっしぐらということです。

腎不全は一度機能が低下すると、元の状態に戻ることはありません。
つまり、腎不全を患ったら「いかに悪化させないか」を考えていく必要があります。
飲水量を増やし体内の毒素を薄めたり、消化の良い食事に変えたり、ネコジーンのようなサプリを日々の生活に取り入れることで腎不全を患いながらも長生きする猫が増えているのです。

気になる医療費!もし腎臓を壊したらかかる費用はどのくらい?

もしも愛猫が腎不全を患ってしまったらどのくらい医療費がかかるか心配です。
犬や猫は人と違い10割自己負担のため、治療費がかなり高額になり治療をあきらめる飼い主さんもいます。
ペット保険大手、アニコムホールディングスが発刊する『アニコム家庭どうぶつ白書2016』の保険請求理由トップ30から6位までを抜粋してみましょう。

  傷病名 頭数(頭)  年間平均診療費(円)
1位 膀胱炎 3,188 24,219
2位 結膜炎/結膜浮腫 2,661 8,630
3位 嘔吐/下痢 2,426 16,380
4位 外耳炎・外耳道炎 2,340 14,969
5位 胃腸炎 2,190 18,801
6位 腎不全 1,755 128,264

御覧の通り、腎不全は請求理由の6位にもかかわらず年間診療費がどの傷病よりも高いことが分かります。
通院をする場合、少なくても月に1万円以上かかる計算です。
さらに自宅での点滴・注射、療養食代、サプリ代で月に5万円以上かかることも少なくありません。

治療費の負担ももちろん大きいですが、月に何度も通院する愛猫のストレスも大きいことを忘れてはいけません。
若いうちから腎臓のケアを始めることは、将来の医療費を節約することにもつながります。

ネコジーンのよくある質問まとめ

ネコジーンを検討する飼い主さんが気になるちょっとした疑問にFAQ形式でお答えします。

Q1.子猫や小さい猫でもネコジーンを飲む事が出来る?

『7歳からの猫の元気をサポートするサプリ』というコンセプトのため、幼猫へ与えることは想定されていない可能性があります。
体が小さい猫の場合、与える量に注意すれば問題ありません。

ネコジーンはどのくらい入っている?

1包5gです。
公式ホームページによると、体重5㎏までの猫には1日1包、体重5㎏以上の猫には1日2包が目安とされています。

ネコジーンは朝食後?夕食後?

与える時間帯に決まりはありません。
美味しすぎてどろぼう猫ちゃんが出ないよう、猫の手が届かないところに保管してくださいね。

ネコジーンは本当の本当に安全なの?

獣医師監修である点や国内生産という点から安全性がかなり高いことがうかがえます。
ネコジーンは返品・返金保証付きのため、まずは試してみてはいかがでしょうか。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較