スポンサーリンク

日本では猫というと国民的アニメの影響か魚のイメージが強いです。
しかし、猫の主食は本当に魚なのでしょうか。
猫は魚好きというイメージ、実は日本特有かもしれません。
今回は肉食動物である猫におすすめのキャットフードはチキンか魚か、徹底比較していきます。

肉食キャットフード

猫は本来肉食なの?肉食の猫には肉系キャットフードがおすすめ?

猫の主食を知るためには、猫の祖先を知る必要があります。
我々と暮らす家猫(イエネコ)の祖先は『リビアヤマネコ』という種類の猫です。
彼らは古代から狩りをしてネズミや鳥などの小動物を糧にしてきました。
逆に、わざわざ川に入って魚を捕ることはほぼないと考えられます。

現代の野良猫の行動パターンを見ても、小動物を狩るのは同じです。
そして、人に与えられる以外で魚を食べることはほぼありません。
逆に飼い猫は昔から人の残飯や魚、刺身を与えられる機会が多く、魚をよく口にしています。
日本の「肉より魚」な文化が、魚メインのキャットフードを発展させてきたのかもしれませんね。

ごくまれにビーガン(ベジタリアン)向けの野菜メインなキャットフードも存在します。
しかし、猫は動物性たんぱく質を多く必要とするため、植物性たんぱく質では不十分と言えるでしょう。
つまり『猫は肉食動物』の言葉がさす意味は、動物性たんぱく質を必要とするということなのです。
動物性たんぱく質は肉と魚を指すため、肉系キャットフード・魚系キャットフードを与えましょう。

猫は雑食ってほんと?

ごくまれに『猫は雑食』説を唱える方もいます。
確かに、先ほどご紹介したリビアヤマネコも肉だけを食べてきたわけではありません。
ネズミを捕食すれば、胃の中の穀物や果物も一緒に摂取していたことが考えられます。
そしておなかの調子が悪くなれば、イネ科の植物の葉をかじることもあったでしょう。
しかし、主食が穀物や野菜、フルーツというわけではなく、活動に必要な栄養素をたまたま別の食物で摂っていたというのが正確です。

魚系とチキンどっちのキャットフードをあげるのがいいの?好みの味をあげよう

猫のからだに必要な栄養素が動物性たんぱく質と分かったところで、結局肉系のキャットフードと魚系キャットフードのどちらが良いのでしょうか。

肉のメリット

ここでは鶏肉にスポットを当ててご紹介します。
肉のメリットは以下の5つです。

  • 良質なたんぱく源
  • 皮膚を強くするビタミンAが豊富
  • ビタミンB2が豊富で疲労回復効果あり
  • 不飽和脂肪酸が血液をサラサラにする
  • パントテン酸とナイアシンが皮膚の健康を維持

魚のメリット

次に魚のメリットをご紹介します。
ここでは白身魚にスポットを当ててみていきます。

  • 良質なたんぱく源
  • DHA/EPAが血液をサラサラにする
  • 猫に必要不可欠なタウリンが含まれている
  • 骨まで使えばカルシウムも豊富
  • 高たんぱくなのに低脂肪でヘルシー

結局どっちがいいの?

肉にも魚にも、勝るとも劣らないメリットがあります。
獣医師の中には自然給餌に一番近いチキンベースのキャットフードを勧める方もいるそうです。
しかし魚はアレルギーリスクの低さや低脂肪であるというメリットもあり、ダイエット向けともいえます。
最終的には栄養の良しあしよりも愛猫の食の好みによるところが大きいため、一概にどちらがいいとは言い切れません。
まずはキャットフードのサンプルをうまく活用し、愛猫の食の好みを把握することが大切です。

肉食の猫でも添加物の多いキャットフードはおすすめ出来ない。無添加のものをあげよう

肉系・魚系のキャットフードなら何でもよいかというと、それは間違いです。
我々が普段口にしているハムやソーセージを見ても、たくさんの添加物が使われています。
ドライフードは保存料と香料・着色料のオンパレードと言っても過言ではありません。
主食である動物性たんぱく質の次に注意すべき点、それは『無添加』であることです

スポンサーリンク

本当は危険なキャットフード

以下は本当に販売されている国産キャットフードの原材料を抜粋したものです。

穀類(とうもろこし/小麦粉/コーングルテンミール/ホミニーフィード/中白糠)/肉類(ミートミール/チキンミール/ささみパウダー)/魚介類(フィッシュミール/フィッシュパウダー/かつおパウダー、等)/油脂類(動物性油脂/月見草オイル)/大豆ミール/オリゴ糖/野菜類(キャベツパウダー/にんじんパウダー/ほうれん草パウダー/かぼちゃパウダー)/ビール酵母/ビートパルプ/β-グルカン/でんぷん/馬鈴薯たんぱく/セルロース粉末/ミルクカルシウム/グルコサミン/ローズマリー/バジル/ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)/アミノ酸類(メチオニン/タウリン)/ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)/食用赤色3号/食用黄色5号/食用青色1号/食用黄色4号/食用赤色102号/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

このように、実はキャットフードには猫のからだにとって良い原料だけで作られていない現実があります。
特に穀物でコストダウンし、肉類・魚類も『ミール』のため何が使われているか分かりません。
極めつきの着色料は明らかに体に悪そうです。
あなたも一度、ご自身が普段購入しているキャットフードの原材料表を確認してください。

無添加キャットフードのすすめ

無添加キャットフードは不要な添加物が入らない分、日持ちしないものが多いです。
しかし、それ以上のメリットが無添加キャットフードにはあります。

まず、添加物によるアレルギーリスクを減らすことができます。
次に、食物由来の自然な味わいが楽しめます。
そしてなにより、愛猫の健康を守ることにつながります。

もちろん、冷暗所へ保存しなるべく早く使い切るという注意点はありますが、特に胃腸の働きが弱い子猫やシニアには無添加キャットフードをおすすめします。
普段のごはんが愛猫のからだを作るため、日々無添加で体に優しいごはんを選んであげましょう。

肉食の猫にも野菜が必要?野菜が入ったキャットフードはある?

人間の場合「肉と野菜をバランスよく食べなさい」なんて言われますが、はたして猫も同じなのでしょうか。
結論から言うと、多少の食物繊維は必要です。

野菜が必要な理由は『毛づくろい』?

猫は大変キレイ好きな動物のため、毛づくろい(グルーミング)を行い、その結果、日々大量の毛を飲み込んでいるのです。
腸内環境をきれいにするために、野菜に含まれる不溶性食物繊維を必要とします。
不溶性食物繊維は胃の中の毛をからめとり、うんちとして排出してくれる優れものです。
逆に、胃の中に大量の毛が残ってしまうと吐き戻しや毛球症、腸閉塞などの病気を引き起こします。

野菜入りキャットフードはある!

実は、野菜が使用されたキャットフードは意外と多いのです。
しかし、コストダウンのために野菜ではなく『ビートパルプ』や『セルロース』を代用しているケースもあるため注意しましょう。
そこで、野菜を使用している無添加キャットフードをいくつかピックアップしました。

オリジン(Orijen)

チキンをベースに野菜もバランスよく含む、鉄板キャットフードです。

ねこひかり【サンプルあり】

チキンをベースに煮干しやカツオ粉をブレンドした、日本人らしいレシピのキャットフードです。
すべての原料が国産という優れもの、しかも無料サンプルがもらえます。

カナガン【サンプルあり】

イギリス産キャットフードの代名詞、カナガンもチキンベースです。
無添加、グレインフリー、ヒューマングレードの優れたキャットフードとして定評があります。

モグニャン【サンプルあり】

モグニャンは白身魚ベースのあっさり系キャットフードです。
カナガン同様無添加、グレインフリー、ヒューマングレードでさらに低カロリーという点がほかのキャットフードと異なります。

まとめ

今回はキャットフードの選び方についてご紹介しました。
肉系・魚系の選び方は愛猫の好みで問題ありません。
キャットフードは安全で無添加なものをきちんと選びましょう。
食の好みがはっきりとしない猫には、100円モニターやサンプル請求でいろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

管理人がキャットフードを実際に試してみました。


我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較