スポンサーリンク

猫がしっぽをくねくねさせたり巻きつける理由。あなたと遊びた

猫ちゃんは表情よりも、しっぽの動きで感情を表現します。
しっぽをくねくねしたり、まきつけたりするのもなんらかのメッセージが送られているのかも。
この記事では、猫のしっぽの動きとその意味について分かりやすく解説していこうと思います。

猫はしっぽを使って感情表現をする! しっぽをくねくねまきつけるのも感情表現

猫はネコ科の動物の中でも、特に感情表現をたくさんすることで知られています。

理由は諸説ありますが、猫は群れを作らずに個体で行動することが多いです。
しかし、同じ地域にいる他の猫とコミュニュケーションをとることがあるので猫同士の会話で使われるものとする説。
他には、猫は古くから人間に飼われてきた歴史があるので意思を伝えられるように進化したなどの説がありますが真意はまだ定かではありません。

猫以外では、ライオンがしっぽを猫のように使うことがわかっています。
それ以外の野生のネコ科の動物は、服従のポーズ以外は特にしっぽを使って感情表現をするということは無いそうです。

つまり、しっぽを使った可愛い感情表現は猫ならではの特徴といえそうです。
ただし、感情表現はあらゆるメッセージを伝えるので不機嫌なときもあるということをお忘れなく…。

しっぽは動きによって意味があるので違いを見極めよう。

猫のしっぽはただ動くのではなく、感情に合わせた独自の動きをすると考えられています。

私たちが悲しかったら泣いたり、楽しかったら笑うように特定の動きと感情が結びついているそうです。

猫を飼っている人は、そのかわいさゆえについつい構いすぎてしまう嫌いがあります。

飼い主が猫ちゃんに遊んで欲しくて、名前をたくさん呼んだりしてると振り向かないでしっぽをふいっと少しだけ動かすという素ぶりをよくしますよね。

獣医師の方によるとそれは「自分を呼ぶ声は聞こえるけど、今はそんな気分じゃない」という意味があるんだそう。

飼い主からするとちょっと寂しいですが、そんな気まぐれなところもカワイイのでつい許してしまいます。

じゃあどんな仕草をすれば機嫌が良い時なの?というケースを次からご紹介したいと思います。

くねくねしているときは、ご機嫌!

猫ちゃんが自分のしっぽを上にあげずにくねくねとしている時、それは上機嫌で楽しい気分という意味です。

ただしくは、獲物を見つけて狩猟本能が刺激された状態なんだとか。

日常生活の中では、退屈だと感じたときにもこの動作をするようです。
そのため、もしも家の猫ちゃんがしっぽをくねくねしていたら「遊びたいよ〜」というサインですので、おもちゃなどで一緒にあそんであげましょう。
その際は、猫じゃらしや動くおもちゃなど、猫ちゃんも動いて遊べるおもちゃがおすすめですよ。

家飼いしているお家では、どうしても猫ちゃんが運動不足になりがち。
肥満や生活習慣病の原因となりうるので、このようなタイミングを有効活用して運動量を増やしてあげるといいかもしれません。

しっぽを巻きつけている理由は2つある

猫が自分の体にしっぽを巻きつける時がありますが、実は巻きつける部位によって意味が大きく異なるんです。

この意味を取り違えて構っていると、イライラされたり怒られてしまうかもしれないので注意してくださいね。

・ゆったりとリラックスしている

猫が前足にしっぽを巻きつけている時は、ポジティブな意味です。
ゆったりのんびりした気分という意味らしく、ワクワクしていて活動的!という気分ではないみたいなのですがいい気分であることは間違いないみたいです。

座った状態で前足にしっぽを巻きつけたり、寝転んだ状態でゆったりと体にまきつけたりするケースもあります。

この動作をしたときは、一緒にのんびり過ごしてあげましょう。

・緊張したり恐怖を感じている

もうひとつの理由は、相手に萎縮したり恐怖心を感じているということ。

しっぽを股の間に入れて後ろ足に巻きつけるような仕草をした時は、この状態であることが多いです。

なぜこのような仕草をするのかというと、自分よりも強そうだったり大きいと感じる相手に対して「自分はこんなに小さいから攻撃しないで」という意思表示をしているんだとか。

家の中に得体の知れないものがあったりしたときは、怒ったりこの動作をする時が見受けられます。

かなり怖がっているサインなので、なるべく対象物を遠ざけたり早く慣れさせたりして安心させてあげましょう。

この2つは意味が違っても、どちらも安心したいということにかわりはありませんのでお気に入りのグッズなどをそばに置いて気持ちを落ち着かせてあげましょう。

遊びたいサインはほかにもこんなものが

実は、猫が上機嫌のときに見せる仕草はこれだけではありません。
ごきげんな時を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

・しっぽをピン!と立てる

まっすぐにしっぽを立てる時は実はごきげんなとき。

親愛の情を示す行為だそうで、子猫が母親に向かってよく行うことがあるようです。
なぜしっぽをピーンとあげるのかというと、それは子猫のお尻部分を母猫がきれいに舐めてあげたことに由来するそう。

飼い主に向かってしっぽを立てているときは、少し甘えたい気分の時。
さらに身体をくっつけて、しっぽを少し震わせたりしたら大好き!というアピールなんだそう。

めったにないチャンスなので、思う存分撫でたりして愛情表現をしてあげましょう。
くれぐれも猫ちゃんが嫌がらない程度に…

・弧を描いてしならせる

しっぽの長い猫ちゃん独特の表現方法なのですが、これもとても良い意味です。

興奮していたり、楽しい気持ちが上がってきたりするとこの動作で嬉しさをあらわすんだとか。

子猫が遊びに夢中になっている間に、よく見られる光景ですよ。

余談ですが、iPhoneの猫の絵文字もこの動作がモチーフとなっています。

おもちゃなどでいっしょに遊んでるときにこの動作をしたら楽しい気分がピークに高まっているという証なのでもう少し続けて遊んであげましょう。

遊ぶことは猫ちゃんのストレス発散にも繋がるので、定期的にこの姿が見られるようにお相手してあげてください。

以上が、猫ちゃんの機嫌のいい時の動きについて解説しました。
遊んだ時など、このような動きをしているか確認して見てくださいね。

逆にこんな動作をしたときはご機嫌ななめ。放っておきましょう

これまでは、猫ちゃんがごきげんな時のしっぽの動きをいくつかご紹介しました。
ここからは逆に、機嫌が悪かったりごきげんななめなときのしっぽの動きをいくつかご紹介しますね。

・毛羽立たせる

いかにも怒っているというイメージのしっぽの動きで、アニメなどでもデフォルメ表現に使われることが多いですよね。

しかし、この動作ですが実はしっぽの向きによって変わるというのはご存知でしたか?

上向きの場合は「防御的威嚇」を意味しています。
つまり、外敵から自分や家族、自分のテリトリーを守るために威嚇をしているという意味です。

見慣れない人やものが近寄ってきたときに「近寄るな!」という意味があります。
なぜ毛羽立ててしっぽを太くするとかというと、自分を大きく見せることで相手に恐怖心を与えることを目的にしているからです。

人間やものを相手にしたときにも見られる行動ですが、猫同士でも行われることが多いです。

たとえば、家飼いの猫ちゃんのもとに新しい猫が来た時などに見受けられるようです。

しっぽを逆にして毛羽立ててる場合は「攻撃的威嚇」という意味があります。
つまり喧嘩をしかけるときや、攻撃的な気分の時に行われる動作ということですね。

もしも飼い猫がこの動作をしたら、引っかかれたりするリスクもあるので放って置くのが吉でしょう。

猫同士では、体が大きな猫やボス猫が自分より格下と判断した猫に対して行う動作のようです。

時間差で多頭飼いをする場合などは、威嚇されて後から入った猫が怪我などしないように気をつけてくださいね。

・パタパタと横にふる

しっぽを振るのはごきげんの証拠というイメージがありますが、それは実は犬に限った話です。

猫ちゃんがしっぽを振り振りしている時には、イライラしていたり落ち着かない時を意味しているそう。

犬のイメージから、ごきげんなのか〜と近づいていきたくなる気持ちも分かりますがここはグッと我慢してください。

また、もともと機嫌が良くても構いすぎていたり、抱っこや触りすぎていたとしてもこのような動作が出ることがあります。
ずっと触っている時にしっぽをパタパタと振ったら、名残惜しいのは我慢して一度解放してあげましょう。

とある獣医さんの見解では、貧乏ゆすりをするときの心理状態に近いのではないか?という説もあります。

そう考えると、下手に構われたりするのは返ってストレスになるということが想像できますよね。

猫ちゃん同士でこの動作が出た場合は、お互いを遠ざけるサインという意味があるようです。

ストレスを未然に防ぐ対応であるとも言えそうですね。

・下に向けて少しだけ揺らす

しっぽを下に向けて少し垂らした状態で、先っぽだけをゆらゆらとする行為は不安や動揺を意味しています。

具体的な例を挙げると、物音がした時などによくこの動作をするそうです。
他にも、地震が怒ったときや引越しなどで新しい環境に変わった時などにも見られることが多いようです。

この動作が続くと、強いストレスを感じてしまいお腹を下す可能性などもあるので、なるべく早くその環境に慣れさせて挙げるようにしてください。

野生の猫ちゃんでは、ネズミや昆虫など狩の獲物を見つけた時によく見られる行動だそう。

おもちゃをしかけている時にも稀にこの動きが見られるようですよ。

まとめ

この記事では、猫ちゃんのしっぽの動きとその意味について解説しました。
普段何気なく見ている仕草にも、きちんとした意味があるということは飼い主にとっても飼い猫の心や感情を知るのに重要な意味を持っているんですね。

これまであまり気にしていなかったという人も、これからすこし注意深く見て見てくださいね。

スポンサーリンク

管理人がキャットフードを実際に試してみました。


我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較