猫にとって必要なタンパク質

猫にとってたんぱく質は欠かすことのできない大切な栄養です。
しかし、具体的にどんなたんぱく質を毎日どのくらい摂ればいいのか考えたことがあるでしょうか。
そこで今回は猫の必要なたんぱく質の量やキャットフード選びのコツをご紹介します。

猫の一日に必要なタンパク質はどのくらい?

猫は日々たんぱく質をアミノ酸に分解し、健康維持に役立てています。
たんぱく質が不足すると筋肉量が不足し、毛並みがバサバサになり、免疫力が低下するなど悪いことばかりが起きるのです。
しかも猫は犬と比べて一日に必要なたんぱく質の量が2~3倍と多く、簡単にたんぱく質が不足してしまいます。
具体的には体重1kgあたり5gのたんぱく質が理想的です。

若い猫には高タンパクなキャットフードがおすすめ

子猫や若い猫にこそたんぱく質は必要です。
月齢・年齢の低い猫は成長過程で多くのたんぱく質を使います。
強くてしなやかな筋肉、丈夫な内臓・心臓、そして美しい毛並みは良質なたんぱく質あってです。
成長期にたんぱく質が不足すると発達の遅れにつながるため、一日5~6gを目安に与えるとよいでしょう。

タンパク質はとればとるほどいいの?いえそうとは限りません

ここまでたんぱく質の重要性をお伝えしてきましたが、多くとればとるだけよいのかというとそうとは限りません。
猫のからだは炭水化物の分解が苦手な代わりにたんぱく質の分解が得意ですが、たんぱく質を摂りすぎた場合、すべてが吸収されるわけではないのです。
たんぱく質をアミノ酸に分解する過程では尿素が発生し、腎臓への負担が大きくなり腎臓病のリスクが高まります。
高齢の猫に慢性腎不全が多いのは、長年腎臓に負担をかけ続けた結果なのです。

たんぱく質はバランスよく摂ることが大切

猫は肉食である限り、腎不全のリスクを防ぐことはできません。
では一体どうしたらよいのかというと、栄養バランスの整った食事が必要不可欠なのです。
栄養基準の一つにAAFCO(アフコ・アーフコ)の栄養基準が存在します。
AAFCOの栄養基準によると、キャットフードに含まれるたんぱく質は以下のように記載されています。

  成長期・繁殖期 維持期
たんぱく質 30.0 26.0
アルギニン 1.25 1.04
ヒスチジン 0.31 0.31
イソロイシン 0.52 0.52
ロイシン 1.25 1.25
リジン 1.2 0.83
メチオニン 0.62 0.62
シスチン 1.1 1.1
フェニルアラニン 0.42 0.42
チロシン 0.88 0.88
スレオニン 0.73 0.73
トリプトファン 0.25 0.16
バリン 0.62 0.62
※単位:g

AAFCOにはそのほかにも脂肪、ミネラル、ビタミン、タウリンなどの基準が定められています。
現在販売されているキャットフードはこれらの基準をクリアしていることが多く、総合栄養食として非常に優秀です。
ドライフードは栄養バランスが優れている一方、逆に手作りごはんの場合は栄養の偏りがないよう管理する必要があります。

手作りごはんは絶対良いとは言えない?

手作りごはんを与えるメリットは、ドライフードでは与えることのできない酵素が含まれていたり、食材の鮮度や品質を自分で管理できたりするところです。
デメリットは食べムラや栄養の偏り、そして何より手間がかかるため継続するのが難しいことが挙げられます。
つまり、徹底的に栄養管理ができれば手作りごはんに勝るものはありません。
我々の手間を最低限に抑え、栄養も最低限確保できるドライフードをうまく活用することも選択肢の一つです。

愛猫をたんぱく質不足にさせない3つのコツ

愛猫をたんぱく質不足にさせないために我々ができることはあるのでしょうか。
たんぱく質を不足させない、そんなコツを3つご紹介します。

1.おやつの活用

たんぱく質の比率が低いキャットフードを与えている場合、栄養補完食として猫用おやつを与えるのも一つの方法です。
例えば茹でた鶏ささみは低カロリーで高たんぱく、食いつき良好のため、良いたんぱく源として活用できます。
他にもペット用の煮干しはナトリウムを調整してあるため、たんぱく質とカルシウムが両方摂れる優れものです。
固形物を嫌がる猫には液状おやつでもよいでしょう。

2.キャットフードの見直し

市販のキャットフードを食べ続けている猫は毛並みが悪く、たんぱく質不足になっていることが非常に多いです。
また、栄養基準を満たしている=安全ではなく、栄養価と品質は切り離して考える必要があります。
いくら栄養基準を満たしていても肉副産物や○○ミールや保存料の多用をしているキャットフードは与えるべきではありません。
オーガニック食材やトレーサビリティ可能な食材、契約農場で摂れた食材など、一定の品質を保証するキャットフードかつ栄養バランスの良いキャットフードに切り替えることも一つの方法です。

3.愛猫のコンディションを把握する

AAFCOの栄養基準でも成長期と維持期を見ると、必要なたんぱく質にかなりの差が出ています。
成長期の猫には成長期用の、成猫には成猫ようのキャットフードが必要です。
逆に成猫へ成長期用のキャットフードを与えることでカロリー過多になり、肥満や腎不全のリスクを高める結果となることもあります。
愛猫の年齢や運動量に応じてキャットフードの量を増減したり、減量中でもたんぱく質を減らさない工夫をしたりすることが大切です。

良質なたんぱく質を含む栄養バランスの良いキャットフード3選

最後に、栄養バランスがよく高品質なキャットフードをご紹介します。

アーガイルディッシュ

アーガイルディッシュはオーガニック原料を用いているほか、グルテンフリーでアレルギー配慮もなされているキャットフードです。
粗たんぱく質は36%以上と比較的高めかつ、カンガルー肉という日本ではあまり見かけない低アレルゲンなたんぱく源を取り入れています。

ねこはぐ

ねこはぐは国産キャットフードの中でもトップクラスの安全性と栄養バランスを誇る、まさに一押しのキャットフードです。
たんぱく質は28.5%とほかのキャットフードより低めですが、成猫の体調管理に向いています。

モグニャン

モグニャンは白身魚ベースで高たんぱくかつヘルシー、そして何をトッピングしても合うニュートラルさがおすすめポイントです。
粗たんぱく質は30%、成長期や妊娠中の猫はささみやかつお節、煮干しをトッピングするとよいでしょう。
モグニャンは我が家の猫たちのお気に入りです。

【おまけ】腎臓をケアするおやつ

肉食な猫だからこそ逃れられない腎不全のリスクを軽減するおやつも世の中には存在します。
液状おやつのネコジーンなら一回の給餌量がたった5g、少し甘めで食べやすいのが特徴です。
高たんぱくな食事を続けてきた猫に試してみたはいかがでしょうか。

まとめ

今回は猫とたんぱく質の関係、たんぱく質を上手に摂るコツをご紹介しました。
猫は体重1kgあたり5gのたんぱく質が理想的であり、たんぱく質が不足すると皮膚トラブルや免疫力低下など、さまざまなトラブルが起きる可能性があります。
たんぱく質の不足を予防するには、栄養バランスの良いキャットフードを与えることはもちろん、必要に応じておやつやトッピングで補うようにしましょう。
まずは日ごろから良質なたんぱく質を含むキャットフードに切り替えてみてくださいね。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較