人間と話したい猫

ペットとして大人気の猫。
犬より手間なく飼えて一人遊びをしてくれて気高くて、猫にはまる人は増加中です。

猫を飼ったことがない方の場合、猫のことを不愛想だと思っていることも多いですが、飼っているととても感情表現豊かな動物に感じます。

猫は意外と人間に向かって感情をアピールしているのかもしれません。
そのアピールの詳細の詳細までわかったら、嬉しいですか?抵抗ありますか?

猫との関係が大幅に変化していくかもしれない、そんな機械について注目が集まっているようです。

猫と話すのは人間の夢!ついに猫と話せるようになるかも!?

全ての愛猫家さんが「猫の言葉がわかったらいいな」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。猫と話すなんて夢のまた夢。ていうかドラえもんの世界の話!
そうやって「不可能なもの」として認識してきたのが普通かと思いますが、猫と話すのが当たり前の世の中が、近い将来到来する可能性が高まっています。

なんと猫と話せる機械の開発が進んでいるのだとか。
猫と話せる機械といいますか・・・犬と話せるという、とある機械が意外と有名ですが、どこかおもちゃの範囲では?という意見が多かった印象です。

今回の猫と話せる機械については期待できるのでしょうか?

猫と話せる夢の機械の概要

ノーザン・アリゾナ大学の教授はこの取り組みについてこう説明する。「多くの人たちが愛犬や愛猫との会話、少なくとも動物たちが何を伝えようとしているのかを知りたがっています。愛犬たちととっておきの秘密を共有したい人たちは数多くいるのです」「猫たちに関しては、何を言いたいのか分かりませんがね。多くの場合は『ご飯だけよこして、放っておいてくれ』というようなものかもしれません」

引用:http://big-celeb.jp/2017/07/post_11325.html

この機械はネクスト・ビッグ・シング社というところで開発が着手されることになりそうです。何でも、開発への要望がとても多いからなのだとか。
もし本当に開発が始まるとしたらとても本格的なビジネスとして展開していく可能性が高そうです。

いくらくらいの価格帯なのかもまだわかりませんが、翻訳の精度によってはブレイク必至、定番アイテム化するような予感もします。
こんな感じで話せるようになるかも

猫と話しても良いことないかも・・・猫の本音を知りたいか?という話

これについて、アメリカの大学教授も意見を述べているのですが、機械によって発覚する猫の本音は冷たい内容かもしれません。

猫はそもそもマイペースな動物で、時には計算高いといわれることもあります(愛猫家からするとそこがかわいいのですが)
そんな猫の本音・・・機械を通して明らかになる本音は・・・もしかしたら飼い主としてショックを受けるような内容の可能性も0ではないと思います。

例えば「ごはんだけよこせ。あとは近寄るな」なんていわれていたとしたら正直ショックです。
例えどんなことをいわれていたとしても「かわいい」と前向きな飼い主さんにとっては、もしかしたら愛情が深まるツールになる可能性はありますが、世の中には知らなかったほうが良かったということもあるかもしれません。

猫とは話せないから素敵な関係を築けるのかも?

猫はもちろん人間の言葉を喋ることができません。
しかし、感情があり、人間に何かを伝えようとしていると思われる態度、行動を取ります。
猫を飼ったことがある方なら、何となく猫の感情表現についてもわかるのではないでしょうか。

「今ご飯欲しいのかな」
「ほっといて欲しいのかな」
「かまって欲しいのかな」

一緒に暮らしていると何となく猫の態度、行動で把握できるようになっていきますよね。

猫が人間の言葉を喋ることができないからこそ、飼い主側は一生懸命猫の変化を感じ取り、猫も感情を伝えるために示してきます。

もし猫と話せる機械が本当に登場したら、とても便利だと思います。
猫の見えづらい不調にも敏感に気付いてあげられるというメリットもあります。

しかし、猫の感情を読み解こうと、猫の態度、行動から真剣にキャッチする意識がどんどんなくなっていくかもしれません。
猫と話せる機械があるから、猫の感情がすぐにわかる。
そうなってくると、あまり猫の細かいところをみなくなっていく。そんなリスクもあるのではないでしょうか。

本音はわからないけどあなたは猫との最高のパートナーです。

猫と話せる機械が販売されるまでは、本当にそれを使うことでどうなるかはわかりませんが、少なくとも、今そんな機械がなくてもあなたとあなたの飼っている猫は最高のパートナーです。

なぜなら「猫と話したい」という気持ちは、背景に愛情なければ湧きあがらないからです。
愛情がなければ猫と話せる機械に興味を持つはずがないです。

飼っている猫が大切だから、猫と話せる機械に興味を持ったのであって、正直、そうでなければ興味すら一切持たないと思います。

それだけ飼っている猫への愛情が深いということではないでしょうか。

猫は感性が豊かな動物だと思います。
心の中でどんなことを想っていたとしても、それでもきっと、愛情の深さはしっかり理解してくれていると思います。

最後に

実際まだ販売時期は決まっていないようなので追加情報を待つしかありませんが、企業が本格的に開発していくようなので、けっこうすごいものができそうな気もします。
恐らく期待して待つ方は多いのではないでしょうか。

科学の進歩はついにここまできたのかという感じです。

本当にこの機械が販売されたら欲しい気もするけど、なんだか欲しくない気もします。
今後の情報に期待していきましょう。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較