グレインフリーのキャットフードを食べたがっている猫

猫の室内飼いが当たり前になっている現代では、猫の食事に気を遣ってあげることが健康管理に直結します。
人間に必要な栄養と、猫に必要な栄養は違うので、人間の食事のように調理したものを毎日猫に与えるのは難しいです。
そこで活躍するのが猫のために生み出されたキャットフード。

最近では高品質のキャットフードが多数登場して選択肢が幅広く、だからこそ「迷ってしまう」という飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。

猫の栄養学への認知度が高まってからは特別アレルギーがなくても「グレインフリー」にこだわる飼い主さんが増加傾向にあるそうです。
猫に毎日与えるキャットフードに迷っているなら、グレインフリーに絞って選んでみてはいかがでしょうか。

今回はグレインフリーのおすすめキャットフードをご紹介していきたいと思います!

そもそもグレインフリーってなに?

グレインフリーを確認したい猫

グレインフリーとは、穀物不使用という意味です。
健康路線のレストランに行くと「グレインフリー」と表記されているメニューを取り扱っていることがありますが、これと同じです。人間の場合だと穀物類を避ける理由はいろいろありますが、猫の場合はもっとシンプル。

元々肉食動物の猫は、穀物の消化が不得意な子が一定数存在します。
また、中には穀物に対してアレルギーを持っている子もいます。
穀物が不得意、アレルギーがあるタイプの猫だと、食いつきが悪くなることがあり飼い主さんとしては心配になってしまいます。

そのような猫でも安心して食べられるのがグレインフリーのキャットフードなのです。

グレインフリーのメリットは?

穀物アレルギーの猫なら、体調管理のためにグレインフリーのキャットフードを与える必要があります。

穀物アレルギーではないけど穀物が不得意な猫の場合は、グレインフリーのキャットフードを与えるとモグモグ食べることが多いです。もちろん猫の好みの味や、そのキャットフードの原材料によっても変わってきますが、グレインフリーのキャットフードを好む猫は多めです。

穀物を使用しているキャットフードへの食いつきが悪い猫は、穀物全般が不得意な可能性があり、グレインフリーのキャットフードに換えただけで急に食べるようになったという例もあります。

もちろん猫との相性もありますが、食いつきが良くなくて悩んでいる飼い主さんは現在与えているキャットフードを確認して、グレインフリーでなければ、グレインフリーのキャットフードを試してみるのもおすすめです。

とはいえ、メリットがあるのは穀物アレルギーがある猫や穀物が不得意な猫だけではありません。
グレインフリーのキャットフードは穀物の代わりに原材料のお肉やお魚が高配合になることが多いので、幅広い猫の食いつきアップに期待できるのです。

穀物系の問題に該当する猫以外にももちろん与えてOKです。
以下に、グレインフリーで特に人気が高くおすすめのキャットフードをピックアップします。

おすすめ① モグニャンキャットフード

容量:1.5kg
価格:3,960円(税抜)
購入方法:基本は通販

モグニャンは白身魚を63%という高配合で使用しているキャットフードです。
白身魚以外にも、リンゴ、かぼちゃ、クランベリー等を使用し、猫に必要な栄養を補います。獣医師も推奨していて、リピーターも多いのが特徴です。

モグニャンは猫の食いつきが良いことで注目を集めているキャットフードでもあります。
白身魚の配合率が高いので、猫の嗜好性をしっかり満たすのか、喜ぶ猫多めです。

国際規格SAI GLOBALのランクAを取得し、英国小売協会にも認められた工場で製造。
品質管理官まで起用している徹底ぷりで高品質の維持に努めています。
グレインフリーで原材料が魅力的なだけではなく、製造への姿勢も安心感と信頼感があり、多くの愛猫家さんの心をつかんで離しません。

おすすめ② ジャガーのキャットフード

容量:1.5kg
価格:4,280円(税抜)
購入方法:基本的に通販

ジャガーのキャットフードは動物性たんぱく質80%以上。元々肉食動物の猫の嗜好性をがっちり満たすクオリティです。
しかも、使用されている食材はヒューマングレード(人間が食せるくらいの高品質食材)
アンチエイジング効果があるといわれて注目を集めるマルベリーや、漢方として知られる朝鮮人参を贅沢配合。

豊富な栄養と健康の基礎作り、そして安全性に強いこだわりを持った高級志向のキャットフードです。
香り豊かで、開封した瞬間から猫が喜ぶことも珍しくありません。
その風味を損なわないために、ジャガーのキャットフードはパッケージの内側にもこだわっています。よくあるジッパーだけではなく、さらにマジックテープ構造。
二重の構造で風味の劣化を抑え、猫の嗜好性を満足させる香りと風味を守ります。

おすすめ③ ニュートロの穀物フリーキャットフード

価格:店舗による
購入方法:ペットショップ、amazon、楽天等

ペットショップでも手軽に購入できるキャットフードとしてお馴染みのニュートロ。
ニュートロのキャットフードは基本、原材料に穀物を使用しているのですが、スペシャルケアシリーズの中に「穀物フリー」タイプのものがあります。種類はアダルトダッグとアダルトサーモンの2種類です。どちらも猫の食いつきが良いと評判のキャットフードです。

ニュートロのキャットフードは、ペット栄養学を研究する世界的に有名なウォルサム研究所の知見を基に製造していることで知られています。
猫のライフスタイルに合わせ、必要な栄養をしっかり補えると世界中の愛猫家からの信頼も厚いです。

世界的な定番、かつペットショップで購入できるキャットフードを与えたい飼い主さんにはぜひおすすめしたいブランドです。

グレインフリーキャットフードは子猫にも与えていいの?

グレインフリーは子猫とも相性が良いのか気にしている子猫

グレインフリーのキャットフードを子猫に与えても大丈夫かどうかは、商品によります。
例えばモグニャンキャットフードとジャガーのキャットフードは子猫にも対応していますが(与える量は袋に記載の説明を参考にしてください)

ニュートロの穀物フリーは成猫用です。ニュートロに関しては子猫用のシリーズは穀物を使用しているのでグレインフリーではありません。

つまり、子猫に与えるにあたって、グレインフリーは「ダメ!」ということはないのですが、商品によっては対象かどうか確認しておく必要があります。

グレインフリーキャットフードで肉食猫の健康サポート!

いかがでしたでしょうか。
猫の栄養学への認知度が高まるにつれて少しずつ注目されるようになったグレインフリー。
猫は元々肉食動物で、穀物系があまり得意ではない子は珍しくありません。

そういう子は、グレインフリーのキャットフードに換えてあげると食いつきが突然改善することも珍しくありません。

もちろん猫によって差はありますが、もし現在猫の毎日のキャットフードへの食いつきが悪くて悩んでいる飼い主さんは、現在与えているキャットフードが穀物使用タイプならグレインフリーを試してみるのもおすすめです。

今回ご紹介した、モグニャンキャットフード、ジャガーのキャットフード、ニュートロはグレインフリーというポイントを抜きにしても、フレッシュで厳選された原材料を使用していて、高品質に保たれていて、安全性が高く、大切な猫に安心して与えられるキャットフードです。
もしよかったらチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング