子猫にオススメしたいキャットフード「カナガン」の魅力とは

koneko
子猫とは、可愛さが詰まった爆弾のような生き物です。

そんなかわいい子猫には、うんと美味しいものを食べさせてあげたいものです。
子猫には栄養満点のキャットフードを与えなければいけないと分かっていても、具体的にどれを選べばよいか、お悩みではありませんか。
そこで、子猫におすすめのキャットフードとその理由をご紹介します。

子猫に必要な栄養とは?

子猫が健康に育つためには、丈夫な体を作る「たんぱく質」と「タウリン」骨を丈夫にする「カルシウム」と「リン」を多く含むキャットフードが望ましいです。
また、成長期には成猫の数倍のエネルギーを必要とするため、低カロリーなキャットフードより、高カロリーのキャットフードを好きなだけ食べさせてあげましょう。
これかの条件を満たしているのが「カナガン」です。

広告をよく目にするカナガンとは?美味しいものにもワケがある!

カナガンはイギリス製のキャットフードです。

カナガンキャットフードをライン風の吹き出し漫画で短く解説

猫を飼っている人ならば、一度は広告を目にしたことがあるはずです。
お値段はやや高めにもかかわらず、多くの方に支持されているキャットフードとは一体どんなものなのでしょうか。

激安キャットフードは怪我や病気で死んだ動物の肉や臓器、くちばしやひづめを使用しているのに対し、カナガンは「ヒューマングレード」つまり、人間と同じ食べ物を使用しています。
また、激安キャットフードは価格の安いとうもろこしや麦、さらに「パルプ」と呼ばれる食べ物の絞りかすでカサ増しをしていることが多いのですが、カナガンはこだわりぬかれた原料を一粒一粒にぎっしり詰め込んでいるため、大変栄養価が高いのです。
猫ちゃんのことを真剣に考えて作られた「プレミアムフード」だからこそ、品質に見合う価格だったのですね。

子猫にカナガンをおススメしたい理由

子猫にカナガンをおすすめしたい3つのポイントがこちらです。

1つめは「穀物不使用(グレインフリー)」という点です。

猫の体は穀物を消化する力が弱く、穀物を摂り続けると穀物アレルギーを発症し嘔吐や下痢、皮膚炎に悩まされることになります。
特に子猫の消化器官は未発達のため、穀物は避けるべき原料なのです。
カナガンは穀物不使用のため、安心して与えることが出来ます。

2つ目は「無添加」という点です。

我々人間でさえ、保存料の含まれた食品はあまり口にしたくないものです。
キャットフードに用いられる保存料の中には、石油やガソリンの酸化を抑えるための、もはや食品向けでもない薬品が含まれているケースもあります。
子猫にとって保存料は毒物であり、成長の妨げにしかなりません。

3つ目は「栄養バランスが優れている」という点です。

5大栄養素をバランスよく含み、子猫の成長を助けてくれます。
穀物不使用で炭水化物が摂取できるか、ご心配の方もいるはずです。
カナガンは穀物の代替として、食物繊維が豊富な「サツマイモ」を原料としているため安心です。
子猫だけではなく、成猫にもオススメなカナガンをご紹介しました。
子猫の時期というものは、あっという間に過ぎ去っていきます。
安全で栄養価の高いカナガンで、子猫を健康に大きく育ててあげてくださいね。

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング 安全なキャットフードランキングベスト10!60種類のキャットフードを比較