普段は見かけることが少ないアズミラとは、どのようなキャットフードなのでしょうか。
アズミラの特徴と口コミをまとめました。

アズミラとは

アズミラは「ホリスティックアニマルケア」という思想の元開発されたキャットフードです。
健康志向が広まる昨今、ホリスティックフードはキャットフード界のトレンドになりつつあります。
ホリスティックとは「全体的なケア」を指す言葉です。
つまりアズミラには、広い視野から猫ちゃんの心と体の健康を推進するという目的があるのです。

また、リアルニュートリション(自然な栄養摂取)を追求し、自然界に存在しない人工着色料・人工香料・化学保存料は一切使用していません。

公式サイトの説明によると、一粒一粒に栄養が詰まっているため、給餌量が少なくて良いという特徴があるようです。
価格がお高めのキャットフードのため、給餌量が少ないというのは飼い主さんのお財布にも優しいです。
少量のキャットフードでよいという事は、消化吸収の際体にかかる負担を軽減することにもつながるため、よいポイントがたくさんあります。

アズミラのキャットフードを今すぐ購入したい方は下記からどうぞ

アズミラ(Azmira) キャットフード キャットフォーミュラ 2.26kg

新品価格
¥4,536から
(2017/6/8 18:25時点)

【成分分析】アズミラのメリットとは

健康志向なナチュラルフードのアズミラを分析してみました。
今回は「クラシックキャットフォーミュラ」を対象にしています。

 

・余計な原料を使用しない
アズミラは原料がヒューマングレードなだけでなく「ビートパルプ」などの増量剤の使用もありません。
肉副産物を使用していない点も安心できるポイントです。
さらに猫ちゃんのほぼ感じる事ができない甘味も省き、腎臓の負担になる塩も不使用です。

 

・カロリーが低い
カロリーは 340Kcal/100g と低~中程度の高さです。
オールステージ向けのキャットフードとなっていますが、成長期の子猫にはカロリーが不足しているため、別の高カロリー高たんぱくなキャットフードをおすすめします。

 

・主原料はチキン「ミール」
主原料はチキン、ではなくチキン「ミール」とやや不安な印象です。
チキンミールの後に続く原料が穀物ばかりなのも気になります。
チキンミール・穀物の次に多く使用されているのが添加された栄養のため、食物由来の栄養ではなく添加した栄養でバランスを取っていることが分かります。

 

・オメガ3脂肪酸
原料で注目すべきはフラックスシードとメンハーデンフィッシュミールです。
スーパーフードとして女性に大人気のフラックスシードは、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、健康な皮膚と毛並みを作り出すほか、腹持ちを良くする効果とお通じ運動を活発化される2種類の食物繊維を豊富かつバランスよく含んでいます。
日本では聞きなれない名前のメンハーデンフィッシュミールは「ニシンミール」を指します。
ニシンミールもフラックスシードと同じくオメガ3脂肪酸を豊富に含みます。
丈夫な骨を作るカルシウムや、オメガ3脂肪酸と同じく美しい毛並みや健康な皮膚を保つビタミンAも豊富です。

 

・乳清
そしてアズミラには特徴的な原料「乾燥乳清」が使用されています。
乳清(ホエー)は必須アミノ酸を多く含み、健康な皮膚・毛並みを保つだけではなく、抗酸化作用に優れ、さらにリラックス効果まで期待できるのです。

 

・ユッカシジゲラ抽出物、パセリ
ユッカシジゲラ抽出物とパセリには消臭・整腸効果があり、猫ちゃんのお通じ運動を活性化してくれます。
アズミラを与えることでうんちの匂いが緩和されたという飼い主さんが多く、効果は抜群のようです。
■【成分分析】アズミラのデメリット
良いところが多くとても評価できるキャットフードですが、このような気になる側面もあります。

 

・「ミール」の多用
アズミラと同じくプレミアムフードに分類される他社製品ではミールを主原料とすることが非常に少ないです。
例を挙げるならば、カナガンは「新鮮チキン」シンプリーは「新鮮サーモン」オリジンは「新鮮骨なしチキン」をそれぞれ使用しています。
特にインターネット上で情報収集を行っている飼い主さんであればあるほど、副産物やミールに不安を感じる傾向があります。
ミールではいくらヒューマングレードと言えども原料の鮮度が計れず、不安感を抱いてしまいます。

 

・カロリー不足
オールステージ向けのキャットフードとなっていますが、成長期の子猫にはカロリーが不足しているため、別の高カロリー高たんぱくなキャットフードをおすすめします。
子猫には高たんぱく・高カロリーのキャットフードを与えることが望ましいです。

 

・小麦アレルギー
公式サイトでは小麦グルテンを含まないと記載されているのですが、全粒ひきわり小麦は小麦からアレルゲンであるグルテンを除いたものではありません。
何か特殊な製法でアレルゲン除去していない限りはアレルギー発症のリスクがあると考えられます。
他にもアレルギーのリスクがあると知りつつもとうもろこしを使用している点も気になります。

 

【分析評価】機能性よし、アレルギー配慮なし

ホリスティックフードだけに、その機能性はほかのキャットフードと一線を画していると言えます。
しかしアレルギー発症のリスクがあることは間違いなく、おなかの弱い猫ちゃんは別のキャットフードを与えたほうが良いでしょう。
アズミラユーザーの反応
アズミラのレビューをまとめてみました。

【評価する声】

いい評判

・あっさりしていて食べ飽きない
・うんちがつやつやしている
・十字の粒が食べ過ぎを防止してくれる

アズミラも食いつきの良さに定評があります。
一般的なキャットフードとは違い、ツンとくるきつい香りがありません。
味も非常に淡白でさっぱり系の味わいのようです。
アズミラは消化吸収が良く香りが強いほうではないため、うんちの匂いも少なくなることが予想されます。
十字の粒は理にかなっており、少量でおなかを満たしてくれます。

 

【残念な声】]

悪い評価

・アズミラに切り替えたら嘔吐するようになった
・尿路結石ができた

アズミラは口コミでの評価が高く、残念な声はほぼ見られませんでした。
嘔吐に関しては食の好みが合わなかったことやアレルギーの可能性が考えられます。
結石に関しては、アズミラを与えたせいでとは言い切れません。
マグネシウム含有量は 0.08% と一般総合栄養食の平均的な数値です。
結石は年齢が上がるごとに発生する確率が高くなるため、気になる猫ちゃんは療養食を与えたほうが良いでしょう。

 

アズミラの評判をまとめると以下のようになりました。

・きつすぎない香りと素朴な味わいで食いつきが良い

・うんちの匂いがしなくなる

・粒の形状を工夫し食べ過ぎを予防してくれる

まとめ

今回はアズミラの特徴と口コミをまとめました。
健康成分が多く、キャットフードやうんちの匂いがきつくない点が飼い主さんにとってうれしいポイントですよね。
ホリスティックフード選びの参考になれば幸いです。

 

管理人がキャットフードを実際に試してみました。
我が家の猫も使ってるキャットフードのランキングはこちらです

>>キャットフードランキングはこちらをクリック<< キャットフードランキング